カイロスを知る

  1月も下旬、新しい年も最初の月が終わろうとしています。「歳月人を待たず」「光陰矢の如し」等と言われますが、時の経過は本当に早いもの。その「流れ行く時」をギリシャ語で「クロノス」と言います。英語のクロック(時計)の元の言葉で、時計の針が刻々と刻む時を指します。それは60分で一時間、24時間で一日、365日で一年となって過ぎ去ります。あらためて、クロノスの中で右往左往しながら過ごしてきた(否、今なお過ごしている)我が人生の日々を思います。「諸行無常の響きあり・・・」と。

 ところでギリシャ語にはもう一つ「カイロス」という、「特別な時」を表す言葉もあります。これは天によって定められた機会、「ここぞのチャンス」の時を指す言い回しです。 聖書は、このカイロスを、神の決定的な働きが行われる時点として語ります。主イエスは宣教の第一声を次のように宣言されました。「時(カイロス)は満ち、神の国は近づいた」(マルコ1:15)・・・。使徒パウロも記します。「時(カイロス)が満ちると、神は、その御子を女から、しかも律法の下に生まれた者としてお遣わしになりました」(ガラテヤ44)と。

 それは、私たちの生きる、過ぎゆく時間「クロノス」の流れの中に、神の時、救いの時、「カイロス」がキリストに在って到来した、ということです。換言すれば、永遠の神が、空しく過ぎ去って行くこの世の時間の中に現れ、神の救いの機会を与えて下さったのです。

 旧約聖書のコヘレトの言葉は、「なんという空しさ・・・すべては空しい」(12)とクロノスの中を生きる人生の不条理を語った後、カイロスについては、「神のなされることは皆その時にかなって美しい。神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた」(口語訳)・・・と記します。私たちには、そのようなカイロスの時が与えられているのです。 「あなたがたは今がどんな時(カイロス)であるかを知っています。・・・今や、わたしたちが信仰に入った頃よりも、救いは近づいているからです」(ローマ1311)・・・。

 過ぎゆくクロノスの中で、なお右往左往しつつも、カイロスを知る者とされている事に感謝しながら、御国を仰いで、笑顔をもって歩み続けたいものです。


128日説教「天を思う」要約:

「あなたたちは下のものに属しているが、わたしは上のものに属している」

(ヨハネ福音書823

 「上のものに属している」方、御子・主イエス・キリストがこの世に来られた。私たちの救いのために来られた。この方を通して父なる神が私たちに語られ、父なる神が、私たちに働かれるのです。感謝


[PR]
# by aslan-simba | 2018-01-22 22:12 | Comments(0)

神宮の杜の絵画館

父の十三回忌の法事で、先週東京へ行き、その折に是非立ち寄ってみたかった、明治神宮外苑の「聖徳(せいとく)記念絵画館」を訪れることができました。


 「神宮外苑」というと「神宮の杜(もり)」と言う言葉を思い起こすほど、緑豊かな、さらには銀杏並木でも有名な場所です。そこに国立競技場(秩父宮ラグビー場)や神宮球場などの競技会場やスポーツ施設、また文化施設もあります。その中心に据えられているのが、重厚な近代洋風建築のたたずまいを見せる「絵画館」です。


 実は祖父の家が、神宮外苑から10分ほどの場所にあったので、私にとって神宮外苑は子供の頃からなじみの場所でした。 ただし「絵画館」へ入ったのは、記憶にある限り二回。幼稚園および小学校低学年の頃でした。 昨年、あるテレビ番組がこの「絵画館」を「明治天皇、昭憲皇太后お二人の御事績を描いた壁画が、延べ250mの壁面に展示されている」と紹介していました。今回、それに触発された訳ですが、明治150年のこの年に、明治時代を考える良き契機となりました。


 展示されている絵画は、明治・大正時代の日本の著名な画家の手によるもので、「江戸城開城談判」「大政奉還」「下関講和談判」など日本史の教科書で見たものもあります。 幕末から明治、欧米列強がアジアへと植民化政策を進めて行った時代、それに対抗し独立を守るため、近代国家建設を急務として捉え、いそしんだ先人たち・・・。その働きに思いを馳せながら、静かな時間を過ごしました。


 帰りの新幹線の中では、司馬遼太郎が書いた『明治という国家』を再読。司馬は言います。「明治国家は、清廉で透き通ったリアリズムをもっていた」と。彼はまた明治のキリスト教を紹介しつつ、「江戸期を継承してきた明治の気質とプロテスタントの精神がよく通っていた・・・勤勉と自律、あるいは自助、それに倹約・・・」と言及していました。


 そういえば、明治天皇が亡くなられた翌日、明治のキリスト者、内村鑑三は親しい友人にこう書き送りました。「天皇陛下の崩御は哀悼に堪へません。自分の父を喪ひしが如くに感じます」と。「偉大な明治」、あの時代に生きた信仰者たちの息吹をも感じつつ、明治を学び、知る年にできればと思います。



121日説教「神の小羊」要約:

「わたしは去って行く」(ヨハネ福音書8:21

  御言葉のとおり、主イエスは確かにこの地上を去られ、父なる神のもとへと帰られました。しかし同時にイエス様は、キリストの霊として、今もこの世において、生きて働いておられます。「天に属する」御方が、今もこの地上において、永遠の救いを与えるために働いておられるのです。感謝


[PR]
# by aslan-simba | 2018-01-15 17:04 | Comments(0)

恕(ゆる)されて生きる

 年をとるにつれて温和になる人もいれば、年とるごとに怒りっぽくなる人もいる」と言われます。私自身にも多少後者の傾向が・・・「聞くのに早く、話すのに遅く、また怒るのに遅いように」(ヤコブ119)を心がけたく願います。


 ところで戦後、両足義足、右手不随でも、常に生き生き托鉢を続けるお坊さんがいました。「足なし禅師」と呼ばれた小澤道雄(どうゆう)師です。そのバイタリティと笑顔は出会う人を魅了したと言います。師は幼少期に禅寺で修行、20歳で招集を受け満州へ。5年後に終戦を迎え、厳冬のシベリアに抑留され、強制労働を強いられます。多くの凍死者が出る中、運よく命は助かったものの、肩に受けた銃創が悪化、さらに凍傷により両足を切断。 その後、帰国は果たせが、不自由な体を抱え、どう生くべきかに苦悩。死を願いながらも、藁をもつかむ思いで、観音様に救いを求め続けました・・・。27歳の時です。


 そのような日々が数カ月続いた後、ある日こんな思いに目覚めたそうです。「比べるから苦しむのだ。比べる元は27年前に生まれたことにある。 27年前に生まれたことを止めて、今日生まれたことにしよう。両足切断の姿で今日生まれたのだ。 そうだ、本日たったいま誕生。足がどんなに痛く、足がなく動けなくとも、痛いまんま、足がないまんま、動けないまんま、生まれてきたのだから、何も言うことなし」。小澤師はここに、「本日ただいま誕生」との境地に至り、現実を冷静に受けとめることができたのです。 

 

 さらには自らの生活態度として、次の四つを信条として心に決めました。「微笑を絶やさない」「人の話を素直に聞こう」「親切にしよう」「絶対、怒らない」と。また合わせて、「恕(ゆる)されて生きる」という信仰を終生貫かれたとのことです。なお「恕」という漢字・・・「自分のことと同じように他を受け容れ、認め、許し、その気持を思いやる心」の意味です。昨年105歳で逝去された日野原医師も「恕」を大切にし、請われるとこの字を色紙に認めたと聞きます。


 私たちも「四つの信条」を心に刻み、昔の自分と比べるのではなく、神と人に「恕されて、今、ここに在る」(コリント二1510参照)ことを覚え、感謝をもって歩む一年としたいものです。



114日説教「聖霊によりて」要約:

「ヨハネは証しした。『わたしは、“霊”が鳩のように天から降って、この方の上にとどまるのを見た』」(ヨハネ132

 イエス様は「あなたはわたしの愛する子」という言葉と共に、天よりの洗礼を受けられた(マルコ111)。そして神の愛する子として、今度は私たちに、神を「父よ」と呼ぶ御子の霊を与え、聖霊によって私たちを神の子として下さる・・・


[PR]
# by aslan-simba | 2018-01-08 21:44 | Comments(0)

 新たな年がスタートしました。戌年です。前回の戌年は2006年(平成18年)。その年の年賀状には、我が家の二匹の犬を印刷しました。犬好きだった父にも見せて元気になってもらうと思ったのですが、入院中の父はその正月を迎えたものの、1月中に他界しました。我が家の犬たちも、今は天上のものとなっています。

 犬といえば、聖書は「犬」を良く書いていません。「豚に真珠」という言い回しが、聖書から来たことは知られていますが、その聖句、こうなっています。「神聖なものを犬に与えてはならず、また、真珠を豚に投げてはならない。それを足で踏みにじり、向き直ってあなたがたにかみついてくるだろう」(マタイ76)。足で踏みにじり、噛みついてくるのは、犬もそうだという訳です。犬に関する言及は他にも多々ありますが、どれも否定的です(特に旧約は)。総じて聖書の描く犬のイメージは「野生で汚らわしいもの」なのです。飼い犬が当たり前ではなかった時代の記述だからでしょうか。

 ところで、犬の耳に注目。ある動物研究者によると、「垂れ耳の犬は、立ち耳の犬と比べ穏やかな性格」なのだそうです。ご近所の犬たちを見ても、当たっているように思います。なお我が家の犬は、耳の立っているスコッチテリアという犬種でした。確かに彼らは穏やかというよりも、活発で、我儘な、よく言えば自立心に富んだ犬だったように思います。それでも人を思いやる犬でした。 英語に「犬は人間の最良の友(A dog is a man'sbest friend.)」という諺があります。また「犬は自分のことよりも飼い主を愛する地球上で唯一の存在であるA dog is the only thing on earth that loves you more than he loveshimself.)」とも言われます。

 ふと小説『フランダースの犬』を思い起こします。その最後の場面で、主人公ネロと愛犬パトラッシュが大聖堂で見上げた、ルーベンスのキリストの十字架「昇架」と「降架」の絵。実は、その「昇架」の絵にキリストを心配そうに見上げる一匹の犬の姿も描かれていました。「飼い主我が主」(讃美歌354参照)を見上げるように・・・。


1月7日教会創立20周年感謝礼拝 説教「永遠の主」要約:

「主に望みをおく人は新たな力を得、鷲のように翼を張って上る。走っても弱ることなく、歩いても疲れない」(イザヤ書4031

 神は力を与えて下さいます。私共は天の力を得るのです。共々に主に望みをおく者として、この新しい年を歩み出したいと思います。教会創立20周年感謝。


[PR]
# by aslan-simba | 2018-01-04 12:01 | Comments(0)

Blessed and Happy New Year 2018

あけましておめでとうございます。

新たな希望と幸せに輝く新年であるようお祈りいたします。

神さまの祝福に満ちたひととせでありますように。

「願わくは主が あなたを祝福し、あなたを守られるように。願わくは主が. み顔をもってあなたを照し、 あなたを恵まれるように。願わくは主がみ顔. をあなたに向け、あなたに平安を賜わるように」(民数記62426参照)


Happy New Year

I wish you a new year that shineswith new hopes and happy moments

May God bless you throughout the year

“The Lord blessyou and keep you;

The Lord make His face shineupon you,

And be gracious to you;

The Lord lift up Hiscountenance upon you,

And give you peace.”’~ Numbers 6:24 -26,






[PR]
# by aslan-simba | 2018-01-01 00:24 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28