晩秋...素晴らしい世界

 朝夕の寒気が厳しく、学校へ行く際には、コートと襟巻が欠かせなくなりました。「立冬」が過ぎて二週間。暦は正直です。日中の太陽は低くなり、日没は日毎に早まっています。晩秋から冬への変わり目・・・。

 キャンパスへと向かう坂道、北風に舞う紅葉を見つめながら歩けば、一抹の寂しさと、過さった日々が脳裏を走ります。 ふと学生時代に覚えた「枯葉」の歌詞が口をつきます。「The falling leaves drift by my window. The autumn leaves of red and yellow.(紅や黄色に染まった秋の枯葉が窓辺を漂い)・・・」 。昔、覚えたものは不思議と忘れていません。最近の記憶力は多少にぶくなっていますが。

 そういえば、「枯葉」と合わせてこの時期に決まって思い出す英語の曲が、What a wonderful world!(この素晴らしい世界)。ルイ・アームストロングが、どこか温かみのあるしゃがれた声で歌ったジャズの名曲です。こんな牧歌的な歌詞に惹かれます。 「・・・
明るく祝福された昼間 暗く神聖な夜 なんとも素晴らしい世界だと思う。空に とてもきれいな虹が架かる 行き交う人々の顔にも・・・ 友達たちが互いに『元気かい』と交わす挨拶。それは『君のこと本当に思っているよ』と伝えている。 赤ん坊たちの泣き声が聞こえる。彼らの成長を見届けたい。この子達は私が今まで学んできた以上に、もっともっと多くのことを学んで行くだろう。なんと素晴らしい世界」。

 穏やかさ、優しさ、愛と平安・・・。そんな思いの満ち溢れるユートピアを夢見て描かれた曲だそうです。特に晩秋の歌ではありませんが、私には木漏れ日に輝く、この季節の光をそこに感じます。未来へと拓かれた約束の世界、御国の幸いを、垣間見るような気がするのです。

 じきに迎える冬。紅や黄金色に染まった木の葉がすべて散った後、今年もアドベントとなります。クリスマスは神の御言葉がこの世に宿り、滅びる以外ない人間を、その滅びから救い出し、永遠の高みへと導かれることを示しています。秋の大団円は、そんな喜びの季節への入り口・・・「
神のなされることは皆その時にかなって美しい」(伝道311口語訳)と思います。その麗しさを心に刻み、新たな季節へと歩みを重ねたいものです。


1126日説教「信じること」要約:

彼らは、大きな患難から抜け出て来た者たちで、その衣を小羊の血で洗って、白くしたのです」(ヨハネ黙示録714新改訳)

 人生の困難な中で、人は神さまの愛と真実を見失うことがあります。しかし神の真実は変わることはありません。やがて「患難から抜け出た者たち」として、神さまに涙を拭われて、はっきりとその事実を示される時が来るのです。

[PR]
by aslan-simba | 2017-11-20 19:05 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30