12月師走、一年最後の月。 教会のカレンダー(教会暦・典礼暦)は、それよりひと月早いペースで、アドベントの第一主日から新たな年間サイクルが始まります。

 アドベントはご存知のように、クリスマス(1225日)四週前の日曜から始まり、クリスマスイブの24日まで続く、降誕祭の準備と心構えの期間です。このアドベントの時を大半の日本の教会は「待降節」と呼んできました。キリストを、クリスマスを「待つ」時節ということでしょう。

 一方、ラテン語の「アドヴェントゥス」に由来する「アドベント」という言葉の意味は「待つ」ではなく、「到来」、「接近」、「出現」。「神の子の到来」「神の国の接近」「神の救いの出現」といった「主の来臨」の切迫感が、そこに示されているのです。聖公会がアドベントを「降臨節」と訳しているのは、そのためでしょう。 しかし、「待つ」ことを基調とした「待降節」という日本語表現に、私は実に深い意味合いを感じます。その言葉に、「迫り来る主」の到来に、切なる期待を寄せつつも、「静かに、黙して、祈り、待つ」という信頼の姿を覚えるからです。

 待つということ・・・人は未来に夢と望みをもって生きています。その根底に、願いをもって「待つ」という姿勢があります。 信仰者は来るべき主を待ち望んでいます。これほど大きな「願い」「望み」はないはずです。ただ、それは浮足立って待つことではありません。 その「待つ信仰」のあり方は詩編に、しばしば示されます。今朝読んだ62編にこうありました。

「私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む」(新改訳)、「わたしの魂は沈黙して、ただ神に向かう」(新共同訳)

 厳しい現実の中にあっても、神さまに心底信頼し、自分のすべてを主に委ね、祈りつつ、待ち望む信仰者の姿が浮かんでまいります。その「魂の沈黙」を英語聖書は、「わたしの魂は、神の内にのみ安らぎを見出す(My soul finds rest in God alone.)」と記していました。 待つこと、それは、主の内に安らぎを見出すことなのです。「慌てず、焦らず、落ち着いて、信じ、待つ」ことを、この時期、特に大切にしたいものです。

123日待降節第一主日礼拝説教「目覚める時」要約:

「あなたがたが眠りから覚めるべき時が既に来ています・・・主イエス・キリストを身にまといなさい・・・」(ローマの信徒への手紙131114参照)

 私たちは朝を待つ者として生きるよう招かれています。朝の日差しに、古い惨めな罪の臭う服は相応しくありません。キリストを着るべきなのです。

[PR]
by aslan-simba | 2017-11-27 17:12 | Comments(0)

晩秋...素晴らしい世界

 朝夕の寒気が厳しく、学校へ行く際には、コートと襟巻が欠かせなくなりました。「立冬」が過ぎて二週間。暦は正直です。日中の太陽は低くなり、日没は日毎に早まっています。晩秋から冬への変わり目・・・。

 キャンパスへと向かう坂道、北風に舞う紅葉を見つめながら歩けば、一抹の寂しさと、過さった日々が脳裏を走ります。 ふと学生時代に覚えた「枯葉」の歌詞が口をつきます。「The falling leaves drift by my window. The autumn leaves of red and yellow.(紅や黄色に染まった秋の枯葉が窓辺を漂い)・・・」 。昔、覚えたものは不思議と忘れていません。最近の記憶力は多少にぶくなっていますが。

 そういえば、「枯葉」と合わせてこの時期に決まって思い出す英語の曲が、What a wonderful world!(この素晴らしい世界)。ルイ・アームストロングが、どこか温かみのあるしゃがれた声で歌ったジャズの名曲です。こんな牧歌的な歌詞に惹かれます。 「・・・
明るく祝福された昼間 暗く神聖な夜 なんとも素晴らしい世界だと思う。空に とてもきれいな虹が架かる 行き交う人々の顔にも・・・ 友達たちが互いに『元気かい』と交わす挨拶。それは『君のこと本当に思っているよ』と伝えている。 赤ん坊たちの泣き声が聞こえる。彼らの成長を見届けたい。この子達は私が今まで学んできた以上に、もっともっと多くのことを学んで行くだろう。なんと素晴らしい世界」。

 穏やかさ、優しさ、愛と平安・・・。そんな思いの満ち溢れるユートピアを夢見て描かれた曲だそうです。特に晩秋の歌ではありませんが、私には木漏れ日に輝く、この季節の光をそこに感じます。未来へと拓かれた約束の世界、御国の幸いを、垣間見るような気がするのです。

 じきに迎える冬。紅や黄金色に染まった木の葉がすべて散った後、今年もアドベントとなります。クリスマスは神の御言葉がこの世に宿り、滅びる以外ない人間を、その滅びから救い出し、永遠の高みへと導かれることを示しています。秋の大団円は、そんな喜びの季節への入り口・・・「
神のなされることは皆その時にかなって美しい」(伝道311口語訳)と思います。その麗しさを心に刻み、新たな季節へと歩みを重ねたいものです。


1126日説教「信じること」要約:

彼らは、大きな患難から抜け出て来た者たちで、その衣を小羊の血で洗って、白くしたのです」(ヨハネ黙示録714新改訳)

 人生の困難な中で、人は神さまの愛と真実を見失うことがあります。しかし神の真実は変わることはありません。やがて「患難から抜け出た者たち」として、神さまに涙を拭われて、はっきりとその事実を示される時が来るのです。

[PR]
by aslan-simba | 2017-11-20 19:05 | Comments(0)

親鸞聖人の福音

 毎年この時期に東京の菩提寺から、報恩講の案内が来る。報恩講とは「浄土真宗の開祖・親鸞(しんらん)の祥月命日前後に、報恩謝徳の為に行われる法会」。ちなみに親鸞入滅は旧暦12621128日、新暦では翌年116日。真宗大谷派(お東)は旧暦、浄土真宗本願寺派(お西)は新暦で忌日を記念する。我が家の寺は大谷派ゆえ、毎年1123日に報恩講の法事を行っている。ただ一度も参加したことはない。

 今年も例年通り行けそうにないが、妙に親鸞のことが気にかかり、久しぶりに『歎異抄』をひもといた。この小著、今から七百数十年前、親鸞没後に弟子の唯円が記したもの。そこに親鸞の言葉と、その解釈がまとめられている。

 よく言われるが、宗教改革者ルターと親鸞の思想は実に似ている。20世紀最大の神学者カール・バルトも、その親近性に目を見張っている。ちなみに、このことに最初に気づいたのは16世紀に日本に来たカトリックの宣教師達だった。イエズス会のヴァ
リニャーノは言う。「これ〔浄土真宗〕はまさしくルターの説と同じである」(日本巡察記)と。阿弥陀如来の功徳を信じ、ひたすら念仏を唱えるだけで救われると説いた親鸞と、ルターの「信仰義認」との重なりを鋭く見抜いた宣教師たちの慧眼は見事。彼らは日本の宗教を真摯に学んでいた。

 なおこの親鸞とルター、時代的には300年の隔たりこそあるものの、若き日の苦悩、真剣な学び、後年に妻帯したことなど、その人生における共通点も多々見出せる。

 今回、『歎異抄』を読み直し、こんな言葉に思いを馳せた「
弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとえに親鸞一人が為なりけり」(阿弥陀様が長い間思いを巡らして立てられた本願をよく考えてみれば、この私、親鸞を御救いくださるためだった)。私の救いのため・・・。ルターも同様に、キリストの救いは「私のため」であったと強調している。「キリストは私のために死に、自らの義を私の義とし、私の罪を自らのものとなさった」(ロマ書講義)と。

 こんな讃美歌が口をつく。「主イエスの十字架、我が為なり」(讃美歌二編185)。親鸞を通し信仰を確認させられた思いだが、あまりにもプロテスタント的な浄土真宗・・・。 仏教は他の禅宗や真言宗等も実に興味深い。日本の先人たちの信仰からも心して学んで行きたいものだ。


1119日説教「キリストの黙示」要約:

「わたしたちを愛し、御自分の血によって罪から解放してくださった方に・・・栄光と力が世々限りなくありますように、  アーメン」(ヨハネの黙示録1:5―6)

ヨハネの黙示録は、1世紀末ローマ帝国内に広がった迫害最中に記された。そこに大事なことが告げられている。それは、今がどんなに辛い、過酷な現実下にあろうとも、主の愛の中に私たちがあることを忘れるなという事。心したい。



[PR]
by aslan-simba | 2017-11-13 20:34 | Comments(0)

火葬について・・・

 先日、知人のオーストラリア人の先生がこんな話をしていた(彼の奥さんは日本人)。「妻の母が亡くなり、その葬儀を親族一同が思いを一つに丁重に執り行った、そんな日本人の姿に感動した。ただ驚いたのは『骨上げ』。火葬(cremation)後に、遺灰を渡されるものとばかり思っていたが、そうではなく、出されたのは焼け焦げた仰々しい遺骨だった・・・。しかもそれを自分たちで骨上げまでせねばならないとは・・・」と。

 この遺骨を重視する火葬の習慣は、元々は仏教の採用した葬法。我が国にも仏教伝来と共に伝わった。しかし、火葬が一般化したのは、ごく最近のようだ。公衆衛生の観点からも火葬は推奨されたものの、昭和20年代においても、まだ半数近くが土葬だったという(現在はほぼ100%が火葬)。

 ところで古代ギリシアやローマでも火葬が行われていた。とりわけ地位ある市民や、貴族、上層階級、皇帝一族は火葬されたのである。あの暗殺されたユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザ)も、火葬にふされている。「カエサルの遺体を焼く火炎は、それを見る人々の胸にも燃えうつり、カエサルの葬式は、その死を哀しむ場ではなく、その死をもたらした者たちへの怒りと憎しみの場に一変したのであった」(塩野七生)と記される。

 このローマで、火葬が姿を消すのは4世紀。明らかにキリスト教の影響だった。既に3世紀にキリスト教徒は火葬を否定し、自分たちの共同墓地(カタコンベ)を造っていた。地下に空間を掘り、その内部に設置した回廊や部屋の壁を四角く切り込み、そこに遺体を安置。さらにはその墓地内中央に小さな礼拝堂を設けた。そこには「体の甦り」の希望と、逝去者との素朴な一体感を覚える彼らの信仰があったのだろう。ただし聖書に火葬を禁じる戒めのないことは付言したい。

 なお墓については、主イエスがファリサイ派批判の文脈で語った言葉を思い起こす。「・・・偽善者は不幸だ。白く塗った墓に似ているからだ」。外見や形を飾ることではなく、中身が重要ということだろう(マタイ23:27)。それは亡くなった先人たちへの、私たち感謝の思いもそうかも知れない。そういえば、来年1月が父親の13回忌であることに気がついた・・・。



☆11月12日説教「私のために」要約:
「一人の人間が民の代わりに死に、国民全体が滅びないで済む方が、あなたがたに好都合だとは考えないのか」
(ヨハネ福音書11:50)
 キリストは愛によって十字架に向かわれた。それは人間的に見るならば愚かなことだろう。しかし、愛するということは、時にあえて愚かになることかも知れない。あえて損をするという選択を為し、キリストは十字架の道を選び、歩んだ・・・「私」を救うために。

[PR]
by aslan-simba | 2017-11-06 20:24 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30