十五夜と祈り

 FMラジオの収録から始まった9月最後の週、学校の方も新学期が始まり、同時に所用も重なり、気忙しい毎日が続きました。

 さて来週以降の予定を確認すべく、ダイアリーと共に暦を見て気づいたのですが、今年は104日が、仲秋の名月、いわゆる十五夜・・・。古くから
「月づきに月観る月は多けれど 月観る月は この月の月」と詠われてきた美しい観月の日です。観月という言葉を使うと、以前にも書いたことがあるのですが、唐の詩人・李白の捉月台(そくげつだい)伝説を思い起こします。 ある月の美しい夜、李白は正装をして舟に乗る。舟上で取り巻きと月を愛でながら酒に興じた。その度が過ぎたのか?・・・水面に映る月を捉えようとして舟から落ち、帰らぬ人となったという話です。

 ところで、ものの本によると、日本人も古い時代からお月見を楽しんできたようです(縄文時代からとか!)。これを行事として取り入れたのは平安時代の貴族でした。唐の国の影響もあったのでしょう。それは満月を見ながら詩歌を詠むという趣向でした。

 一般庶民が名月を鑑賞するようになったのは、江戸時代になってからです。今日では、お供えはお団子とススキが定番ですが、江戸時代は収穫期の里芋を供え、十五夜を「芋名月(いもめいげつ)」と称した由。そのようなところからお月見は秋の収穫を神へ感謝する農耕行事といった色彩も加わりました。ですから、その月見は、捉月台伝説に示されるような酔狂の世界ではありません。月を愛でつつ、神への感謝の祈りという要素もあったのです。神さまは、私たちの先人たちの、そんな祈りもしっかりと聞き分けてくださって来られたのです・・・。

 美しい月を造ってくださった神さまに感謝します。そして豊かな収穫を恵み、私たちの命を育んでくださる主に、ますますの栄光がありますようにと心から祈ります。

「あなたは地に臨んで水を与え、豊かさを加えられます。神の水路は水をたたえ、地は穀物を備えられます。あなたがそのように地を備え、畝を潤し、土をならし、豊かな雨を注いで柔らかにし、芽生えたものを祝福してくださるからです」(詩編651011


101日説教「福音の前進」要約:

「兄弟たち、わたしの身に起こったことが、かえって福音の前進に役立ったと知ってほしい」(フィリピの信徒への手紙112

 我が身に降りかかった災難すら通して、神は福音を前進させてくださる。その事実と確信をパウロは力強く語ります。自由を奪われ、命さえ奪われる状況下でも、なおそこで喜びをもって生きるパウロの姿に励まされる思いです。

[PR]
by aslan-simba | 2017-09-29 06:51 | Comments(0)

 お彼岸の時期を迎えました。いよいよ本格的な秋・・・学校も秋学期の授業が始まります。ここしばらく夏のイスラエル旅行について書きましたが、この旅行体験は今後、授業や説教で生かしたいと思っています。

 実際、現地に足を運んだことで、気づかされたことは多々ありました。たとえばガリラヤ湖が海抜マイナス212mの場所にあったこと。随分と低い所にあるのです。死海が世界一の低地にあるのは知っていましたが(マイナス427m)・・・。なお淡水のガリラヤ湖はヨルダン川を通して塩湖の死海と繋がっています。この死海、1960年代からヨルダン川とその支流の水が工業や
農業用水として大量利用され始めた為、水位の低下と地盤沈下が起こり、深刻な環境問題になっている由。ちなみに現在の死海は二つの湖に分割された状態です・・・。聖書の時代に思いを馳せながらの今回の旅行でしたが、そんな風にイスラエルの「今」も垣間見ることができました。

 他にイスラエルの厳重なセキュリティがもたらす「安心感」(逆に日本人の安全意識の「のどかさ」が、本気で心配になるほどです)。また旧約律法が今日も、しっかり守られていました。金曜日の夕刻から土曜日の夕刻までの安息日(シャバット)遵守。さらには旧約の食物規定は今も大事にされ、たとえばハンバーガーにチーズをのせては食べないことも知りました(申命記1421参照)。今日、IT大国とも言われるイスラエルですが、旧来の宗教伝統がなお脈々と生きづいているのです。 数日前、現代イスラエルを描いたフランス映画のDVDを入手。「約束の旅路」と「もうひとりの息子」、参考になりました・・・。そんなわけで現代のイスラエルにも、一段と興味を増しています。

 ところで日本の話に変わりますが、神主さん、お坊さん、牧師さんの三人が仲良くパーソナリティを務める「8時だヨ 神様 仏様」というラジオ番組があります(FMあまがさき)。知る人ぞ知る放送で、しばしば新聞報道などでも取り上げられますが、実は、番組出演している牧師さんが、今回ご一緒した先生の一人でした。そのご縁で、旅行仲間の聖公会の司祭さんと共に、次週ゲスト出演をさせて頂くことになりました。これも「聖地巡礼」の功徳でしょうか!ありがたいことです。


924日説教「主に喜ばれ」要約:

「だから、体を住みかとしていても、体を離れているにしても、ひたすら主に喜ばれる者でありたい」(コリント信徒への手紙二59
 「体をすみかとする」とは、地上の生、私たちの現実の人生のこと。そこには苦しみがあります。不当な仕打ちを耐えねばならないことや、罪との戦いもある。しかし主は見ていてくださいます。だからどんな時でも、天を仰いで歩もうではありませんか。「主に喜ばれる者」として。 




[PR]
by aslan-simba | 2017-09-20 09:15 | Comments(0)

 「ああエルサレム、エルサレム・・・」(マタイ2337口語訳)というと、まず思うのが「十字架の道行き」です。歩きました!

 主が十字架を負って歩いた道(ヴィア・ドロローサ・悲しみの道)を・・・。 エルサレム旧市街にあるこの道、起点はイスラーム教徒地区の小学校が建つピラト官邸跡から始まり、ゴルゴダの丘およびイエスの墓の跡地にある聖墳墓教会(キリスト教徒地区)へ続く約1キロの道程。途中、「留(station)」と称される、主が「十字架を負わされた場所」、「つまずいた場所」などの記念地が数メートルおきにあります。そんな仕方で11世紀の十字軍時代に整備された道とは知りつつも、やはり胸が高まります。ご一緒した陽気な先生方もこの時は神妙でした。

 今回まずラッキーだったのは、普段は入れない起点(1)に、入れたこと(小学校が休みだった為。こんな事はめったにない由)。それから一か所ごとの留に立ち止まり、祈りつつ、最後の11から14までの留に立つ聖墳墓教会へと辿りつきました。 私たちは混雑を避け、教会の裏手から入堂。薄暗い会堂の各所にロウソクの火が灯っています。何とも言えない神秘的な雰囲気です・・・。なおこの教会、カトリック、ギリシア正教、コプト正教など六教派がそれぞれに管理場所をもちますが、教派同士あまり仲がよろしくないとか。以前、聖職者たちがケンカしている場面をテレビで見た記憶が甦ります(そのため、教会入口の鍵は、今もイスラームの家族が管理)。主の十字架が立てられた跡を拝しながら思いました。だからこそ、十字架に心馳せるに相応しい「聖地」がここなのだ、と・・・。

 ところでエルサレムという街、旧市街を抜けると、黒服を着たハレディーと称されるユダヤ教超正統派の人々を頻繁に見かけます。特にその人たちが大勢集まる場所で、お祈りすることができました。嘆きの壁(西の壁)とダビデ王の墓所においてです。いずれもユダヤ教にとっては重要な聖地。祈っていて、実に不思議な感覚に捉われました。

 なおダビデ王の墓所では、黒服のハレディーが私のところに来て、私のことと、私の「祖国・日本」「家族」「愛する者たち=皆さま」のために祈ってくれました。お礼に寸志を差し出したところ、彼はそれを自らのポケットにではなく、そのまま墓所の公的献金箱に投函したのです。何とけなげな・・・本当に心洗われる思いがました。神さま、ありがとうございます・・・《つづく》


917日説教「深きかな」要約:

「ああ、神の富と知恵と知識のなんと深いことか・・・」(ローマ1133

 パウロの深い賛美の言葉がここにあります。そうです。神は御子を通して御自身の憐れみを現してくださいました。そして、すべての人を救うために「富、知恵、知識」をもって今なお働いておられるのです。 その神の憐れみの中にある者として、感謝と賛美の思いをパウロと共にしたいと願います。

[PR]
by aslan-simba | 2017-09-11 14:10 | Comments(0)

 「イスラエルを訪れる外国人訪問者は年間350万人、その内、日本人は15千人足らず」と聞きます。日本人にとってイスラエルは、必ずしもメジャーな観光先ではありません。ただ世界の国は色々な問題を含めて、この場所に注目しています。


 何と言っても世界三大一神教の聖地がその首都エルサレムにあること。もっとも国際的には首都として認められていません(事実、エルサレムに大使館をもつのはエルサルバドル一国のみ)。さらに、複雑な「パレスチナ問題」がそこにあるからです。その問題対処の一環として、米国の仲介の下、1993年イスラエルとパレスチナの合意で出来たパレスチナ自治区、その後の交渉は暗礁に乗り上げているようですが・・・。


 さて今回、エリコ、ベツレヘムといったそのパレスチナ自治区にある場所も立ち寄りました。エリコは紀元前1万年前から人が住んだ痕跡のある世界最古の街と言われます。旧約聖書には「ナツメヤシの茂る町」と書かれます(申命記343他)。ここでアラブ人露天商のオジサンたちから、その名物ナツメヤシ菓子を買いました。これは美味しかったから良かったのですが、アラブ風の女性用シャツも強引に勧められました。断ったものの。「ジャパニーズ・ピープル・グッド・ピープル・・・」と哀願するオジサンの眼差しに、ついついほだされ、妻への土産にと買ってしまいました(案の定、日本では着ることのできないような物でした)。 またこの街には徴税人ザアカイが登った「いちじく桑の木」(ルカ194)が往時の姿のままに存在します(本当に本物なの?)。 なおエリコにはイスラエルと隔てる検問所はありましたが、高い分離壁はありませんでした。そのせいか、広々とした開放的なアラブの街の印象でした。


 高い分離壁と極めて厳重な検問所があったのはベツレヘムです。遠方にはユダヤ人入植地も見えます・・・。この辺りは、よく報道される辛い現実です。しかしこのような地でイエス・キリストが誕生されたのです。「光は暗闇の中に輝いている」と説教したいところですが、ベツレヘムの街は決して暗闇ではなく、明るく活気がありました。こぎれいな服装をした、体格のよい物売りの子供たちがそれを象徴するようでした。もちろん、彼らからもお土産を買いました。《つづく》



☆9月10日説教「愛に根差し」要約:

人の知識をはるかに超えるこの愛を知るようになり、そしてついには、神の満ちあふれる豊かさのすべてにあずかり、それによって満たされるように」(エフェソ319

 新島襄は、キリスト教とは「愛以てこれを貫く」教えと語ります。すなわち、計り知れないほどの愛そのものであるキリストが、私たちの心の中に住まわれ、そのキリストによって生かされところに我が信仰の核心があるのです。

 

 


[PR]
by aslan-simba | 2017-09-07 08:18 | Comments(0)

イスラエルへ行きました

 聖書を語る者として「一度はイスラエルに行かねば」と思いつつも、なかなか条件が整いませんでした。ところが先日、たまたまネットで牧師対象の「イスラエル体験ツアー8日間」を発見。「これだ」と閃き、参加を決めました。参加者は私を含め6名。皆さん面白い先生方で、仲良く「聖地巡礼」へ・・・。

 さて今回の旅、何と言っても思い出深い場所はガリラヤでした。宿泊したのは、ガリラヤ湖畔にあるキブツのホテル。キブツというと集団農場のイメージでしたが、ホテルやレストラン経営などを行っているところもあるのです。 緑に囲まれた広い区域にあるこのホテルは、ガリラヤ湖沿いまで敷地が広々と続き、プライベート・ビーチも完備しています。夜明け、ガリラヤ湖に輝くご来光を、ここから仰ぐことができました。かつて、この景色の中に主イエスがおられたことを思うと、妙に胸が熱くなります・・・合掌。

 ところで、ガリラヤ湖、ヘブライ語では、その形状から「ヤム・キネレット」(キネレトの海、
民数3411)、すなわち「竪琴の海」と言います。ちょうど「琵琶湖」みたいですね。ただ大きさは琵琶湖の三分の一以下。それでも実に雄大な海の如く感じられるのは、聖書を読み過ぎたゆえでしょうか。 なお近年、ガリラヤ湖水が工業用としても大量消費されるようになったことに加え、雨量も減ったため、水量減少が深刻な問題となりつつあるそうです。いつまでも豊かな水量を湛えた湖であるようにと願います・・・。

 ガリラヤ滞在中に、湖畔のカフェルナウムの村と、近郊に位置する祝福の山を訪れました。主が
「幸いなるかな」と八つの祝福を教えた、あの山上の説教の丘です。そこを少し降ると五千人に食事を与えた場所、さらに降るとペトロが召命を受けた所もありました。跡地にはいずれも、出来事を記念する瀟洒な教会が建っています。麗しい緑に囲まれた場所を祈りつつ行きました。

 ナザレも訪ねました。イエス様の時代は寒村だったと言われますが、現在はアラブ人キリスト教徒が多く住む、賑やかな町です。ここにある受胎告知教会。祭壇の下の洞窟はマリア様が天使から受胎告知を受けた場所・・・。

 以上のように、福音書の世界がリアルに迫ってくるガリラヤの日々でした。《つづく》


☆9月3日礼拝説教「光の子として」要約:

「愚かな者としてではなく、賢い者として、細かく気を配って歩みなさい。時をよく用いなさい・・・」(エフェソの信徒への手紙51516

 「時をよく用いる」とは「神から与えられた機会を十分に生かしなさい」ということ。換言すれば、神の御心を行う生活のことです。そこで重要なのは「霊に満たされる」ことです。そのスタートは、主日礼拝から始まります・・・。

[PR]
by aslan-simba | 2017-09-01 13:33 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30