祈りつつ歩く朝

 梅雨の時節が終わり、いよいよ盛夏。道端で夏休みを迎えた近所の子供たちが、元気に遊んでいます。見上げれば青い空に白い入道雲、サルスベリの花々が、夏空に鮮やかなピンクのコントラストを描きます。 この夏、お盆の頃までは多忙な日が続きそうですが・・・それでも健康を支えられ、暑い京都の夏を今年も元気に過ごせること、有り難く思います。

 ところで、先日から早起きを始めました。午前4時半頃に気持ちよく目覚め、早朝ウォーキングを開始。家を出て一時間弱の道のり、蝉の声もまばらな、まだ明け染めぬ宇治郊外の街を、鳥たちの声に耳を傾けつつ歩きます。白い朝の光、ひんやりとした大気に包まれた自然、歩を進めながら思わず祈りへと導かれる自分に気づきます。創世記冒頭の御言葉を脳裏に走らせながら・・・。

 私は、創世記の天地創造の物語が好きです。朝の光の中でそれがあらためて示される・・・「神は言われた。『光あれ』こうして、光があった」(1:3)。神が呼びかけるのが「地」、この世界。それが「混沌」と「闇」(1:2)。そんな底なしの深みを暗黒が覆っているような虚無の世界。その「地」に創造主なる神が語りかける。「光あれ」と。そこから全く新しいことが始まるのです・・・。早朝の光に身を置くとき、私たちはこの創造物語を身をもって経験させて頂きます。

 ただ御言葉が告げる創造物語は単に「大昔の出来事」「原初の神話」というレベルのものではありません。この世界と人生の深い意味なのです。つまり、そこで言うこの世界と私たちの人生の本質、それは本来「混沌」であり「暗闇」に過ぎません。しかし、そこに神の御言葉、御業が介在する時、それが変革され、秩序が生まれ、意味がもたらされるのです。

 「光あれ」・・・。いつまでも混沌とした思いに囚われ、心の闇を抱えて不満を言いつのるのを止め、主を信じ、その御光に与って新たな日の一歩を踏み出したいものです。今日また新たに造られ、ここに生かされていることを覚える時、人生の未来に大いなる希望とヴィジョンが与えられます。 今年の夏も朝の光の中を、祈りつつ歩き、歩きつつ神の御言葉と御業を黙想する日々を過ごせること・・・感謝。


☆7月31日説教「信、望、愛」要約:
「あなたがたが信仰によって働き、愛のために労苦し、また、わたしたちの主イエス・キリストに対する、希望を持って忍耐していることを、わたしたちは絶えず父である神の御前で心に留めているのです」(テサロニケ一1:3)
 教会はただ単に人間同士の集まりではありません。神の救いの御業によって成る真の教会の指標として、パウロは「信仰」「希望」「愛」をあげているのです。
[PR]
by aslan-simba | 2016-07-29 06:13 | Comments(0)

何者でもない自分が

 内村鑑三が「余は初めは地理学者にならんと欲した。札幌農学校に入りし時の余はそれであった・・・」と、自らを振り返り語った「目的の進歩」と称する文章があります(『聖書之研究』大正2年9月より)。

 続きを要約すると、札幌農学校を卒業した時には水産学者、米国留学時には社会慈善家。帰国後は教育者になろうと思った。新聞社に入った折には社会改良家、そして、娘(ルツ子)さんを失った時には聖書学者になろうと思ったと綴られ、こう述べます。

 「余は今は何者にもならんと欲しない、又何事をも為さんと欲しない、唯(ただ)神の遣はし給ひし其(その)独子(ひとりご)を信ぜんと欲する、余が今日為さんと欲する事はイエスが人の為すべき事として示し給ひし業である」と。

 つまり最後には「この世において何者かになりたい、何かをなしたい」という思いは消えたということです。言い換えれば、「何者でもない自分」に気づいたのでしょう。そして「ただただ神の御子を信じ、御子が示された業を日々行いたい」と言っているのです。

 内村の50歳代初めに記された一文ですが、60歳代半ばの自分にも考えさせられるところがあります。 思えば私の歩みも職業が変わっただけでなく、牧会生活でも色々ありました。うまく行って喜んだことも・・・、逆に頑張っても行き詰まり、挫折感を味わったこともありました。

 ただ今の私に言えることは、現在自分の置かれている場所でやるべきことを、主に在ってなそうとするなら、必ず力を得られるということです。万一そこで望んだ結果が得られなくとも、それは次のステップへとつながる踏み台となるはずです。だから人生で積み重ねる経験は失敗も含め、すべては「天に積む宝」に変えられるのではないかと思うのです。

 なお私には、今もやり続けねばならないことがあります。何者でもない自分ですが、なすべきことがあるのは感謝です。 主の導きに委ねつつ、希望の内に歩を進めたいものです。あせらずに、「slow but steady(ゆっくり、しかし着実に)」を心に刻みつつ・・・。


☆7月24日説教「陰府にくだる」要約:
「霊においてキリストは、捕らわれていた霊たちのところへ行って宣教されました」(ペトロ一3:19)、「十字架につけられ、死にて葬られ、陰府にくだり、三日目に死人の内より甦り・・・」(使徒信条)
 キリストは十字架の後、陰府に降り、主の福音に接することなく、亡くなった人々に宣教され、救いの道を拓かれた・・・と聖書は伝えます。神さまの愛と救いの大きさをあらためて覚える次第です。
[PR]
by aslan-simba | 2016-07-20 06:24 | Comments(0)

神さまは常に

 学校や個人的な用事がいくつか重なったこともあり、先月から忙しい日々が続いています。「雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち・・・」(宮沢賢治)と言いたいのですが、ここしばらく夏かぜ気味で、体調がいま一つ。そのせいか、何か気分が滅入る時があります。

 それでも、忙しく走り回れること自体、本当に有り難いことですが・・・、ただ疲労を溜め込まないように気をつけねばならないと思います。よく言われることですが、「忙しい」という字は、「りっしんべん=心」と「亡ぶ」という字で成り立っている。つまり忙しいことは、「心が亡ぶ」ことだ、と。それは、文字通り「心が亡くなる」ということなのでしょうか。そこから他者に対する「思いやりの心」をも失われる。そうならないようにしたいものです。

 ふと主イエスの御言葉が心に響き始めました。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい」(マタイ11:28)と・・・。ちなみに、この「来なさい」という言葉は「さあここに来なさい」という、特別に声をかけてくださっていることを表す言葉です。そのように主は、御言葉を通して、私たち一人一人に呼びかけてくださっているのです。

 合わせて、こんな聖書の言葉も脳裏を走ります。「思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなた方のことを心にかけていてくださるからです」(ペトロ一5:7)。そうです。「神さまが、心にかけて下さっている」・・・。思えば、忙しさの中で右往左往しているときにも、人生の重荷で、祈る気力さえ失われるときにも、神さまは常に、私たちを心にかけていてくださっているのです。

 こんな詩があります。「肉体は衰えるが こころの眼がひらく 人間の晩年は面白い 今まで生きて いのちの深さが見えてきた」(榎本栄一)。こう語るにはまだまだ若輩ですが、御言葉に支えられて、いつまでも元気で、こんな風に年を重ねたいものです。


☆7月17日説教「女性の弟子たち」要約:
「墓から帰って11人とほかの人皆に一部始終を知らせた。それは、マグダラのマリア、ヨハナ、ヤコブの母マリア、そして一緒にいた他の婦人たちであった」
(ルカ福音書24:9-10)
 キリスト復活の出来事を最初に知り、弟子たちに伝えたのは上述の女性たちでした。彼女たちの日常の誠実な働きぶりもルカは記録しました(8:2-3)。興味深く示されます。
[PR]
by aslan-simba | 2016-07-13 17:44 | Comments(0)

杞憂を超えて

 街頭で選挙候補者が「今の政治は不安だらけ」と声を張り上げて語るのを耳にする。彼らの主張の是非はともかく、今は確かに「不安の時代」なのだろう。思えば、身近で切実な問題から始まって、高齢社会、環境問題、貧富の格差・・・。それに自然災害対策や拉致問題解決をも含む安全保障の問題・・・と、どれも他人事ではない。問題の出口や解決など、これから先のことを考えて行くと心重くなる。

 だからと言って、不安だけに捕らわれる必要はない。「一寸先は闇」と言われるように、誰も先のことは分からないのである。言い換えれば、「不安な時代」は今だけではない、過去もそうだったし、これから先もおそらくそうだろう。人はいつの時代も、見えない先行きを気遣いながら、現実の困難に直面しつつ、今を生き続けねばならないのである。だからこそ「人事を尽くして天命を待つ」気構えが大事なのだ。要は自分のすべきことを真摯に行ったら、後は神さまに委ねる以外に手はない。私たちはそのように導かれているのではないだろうか・・・。

 随分と偉そうに書いてしまったが、実は他ならぬ私自身、案外心配性である。「杞憂」という言葉、ご存じだろうか。その由来は、昔、杞の国のある男が、「天が落ちてきて地が崩れはしないか」と心配して夜も眠れなかった。それが大丈夫だと知らされると、今度は「太陽や月や星が落ちてくることはないだろうか」と心配する・・・そのような仕方で「無用の心配」を重ねることが杞憂。世の中には不安を先取りして、あれこれ取り越し苦労を続ける杞の国の男のような人は結構多い。私にもその傾向があるように思う。もっと神さまに委ねねばなるまい。

 ここで主イエスの御言葉をひとつ。「だから明日のことまで思い悩むな。明日の ことはあす自らが思い悩む。その日の苦労はその日だけで十分である」(マタイ6:34)・・・。なお、偏った一方的な見方を伝えるマスメディア情報が多いことにも気をつけたい。杞憂に陥ることを避けるためにも、情報の選択と物事を多角的に見る視点は大切にして行きたいと思う。


☆7月10日「重荷を負う」要約:
「そしてイエスは女に、『あなたの罪は赦された』と言われた。・・・イエスは女に、『あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい』と言われた」
(ルカ7:48-50)
 自分の罪を悔いる者にとって主は、安心して近づくことのできる御方でした。そこに、主ご自身が私たちのために自ら重荷を負われる覚悟も垣間見えるのです。その大いなる「赦しの心」、ただただ感謝。
[PR]
by aslan-simba | 2016-07-07 06:37 | Comments(0)

Japan for the World

 先週、英国は国民投票でEU離脱を決定したが、それを知り、まず脳裏を走ったのは「Vox populi, vox dei(ウォクス・ポプリー・ウォクス・デイー)」、「民の声は天(神)の声」というラテン語だった。これもヨーロッパ伝来の民主主義精神なのだろう。意味するところ「その声の良し悪しはともかく、多数者の声には抗えない」と。

 この結果が世界中に、甚大な影響を及ぼすことは、先日のサミットで日本が言及した通りだろう。今や一国の経済は、自国の金融・経済政策だけではコントロールできるものではない。事実、投票結果の出た日の市場は日本を含め大荒れだった。さらなる深刻な波乱も予測されている。ヨーロッパ、もちろん英国内部、いや日本を含め、全世界において・・・。なお、今回の離脱決定の背景に「移民労働者の問題」が指摘される。「移民」は日本にとっても他人事ではなく、より慎重に取り組まれるべき必要があろう。ただし国家の枠を超えるグローバル経済の大きな潮流は、今後も変わることはないと思う。そこに経済面に限らず、日本に求められる特別な役割があるのではないだろうか。

 冷戦直後の90年代初め、米国政治学者ハンティントンが現代世界が8大文明圏に区分されると述べた(『文明の衝突』参照)。それは具体的に西欧文明、ロシア正教会文明、イスラーム文明、中国文明、日本文明、ヒンドゥー文明、ラテンアメリカ文明、アフリカ文明である。注目したいのはその8大文明の一つ、日本文明だ。他の文明は一つの文明に複数の国が入るが、日本文明のみが、一国で独立した文明と指摘し、「日本は伝統的な文化の統一性を維持しながら、高度に近代的な社会を築いた」という。

 思うに、私たちの国は伝統的に神仏が共存する。その和の精神、自然との良き共存、他者に対する寛容。このような穏やかな価値観こそが、現代の世界にとって、新たな時代を拓くカギとなるのではないか。内村鑑三の言葉を憶えつつ・・・「I for Japan; Japan for the World; The World for Christ; And All for God.」(私は日本のために。日本は世界のために。世界はキリストのために。そして全ては神のために)。


☆7月3日説教「父の訓練」要約:
「・・・、霊の父はわたしたちの益となるように、御自分の神聖にあずからせる目的でわたしたちを鍛えられるのです。・・・」(ヘブライ人への手紙12:10―11参照)。
 天の父は私たちをも神の子とし、神聖に与らせようとされる。今の生活において、その御業は既に始まっているのである。
[PR]
by aslan-simba | 2016-07-01 07:03 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31