<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

良き言葉を

 言葉の氾濫する今の時代、新聞、テレビなどの「偏り」に辟易とさせられることがあります。信仰者は聞くべき真実の言葉に、まず思いを傾ける必要があるでしょう。

 「実に、信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです」(ローマ10:17)。聖書は、御言葉に秘められた「言葉の力」を確信します。聖書の最初に、「言葉による創造物語」が記されているのは、その証左でしょうか。「初めに、神は天地を創造された。 地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。 神は言われた。『光あれ。』こうして、光があった・・・」と。

 そのような神の御言葉とは比較になりませんが、人間の言葉にも力があります。族長イサクが、だまされて長子祝福の言葉を次男ヤコブに与えてしまった話もそうです。後で間違いに気づいても、その言葉を撤回し、長男エサウに与え直す事はできませんでした。聖書は、「イサクは激しく身震いして言った。『では、いったい、あれはだれだったのか。獲物をしとめて、私のところに持って来たのは。おまえが来る前に、私はみな食べて、彼を祝福してしまった。それゆえ、彼は祝福されよう』」(創世記27:33新改訳)と伝えます。何と・・・。一歩間違えれば、口は災いの元ということでしょう。

 さて、日々、私たちの交わす言葉にも力があります。それが相手の心に響き、相手を動かすこともあれば、何気ない一言で、相手が深く傷つくことさえあるのは、周知の通りです。 古来、私たちの祖先は、聖書を担った人々と同様に、この言葉の力を深く心に刻み、歩んでまいりました。万葉の詩人・柿本人麻呂がこう詠みます。「敷島の大和の国は言霊(ことだま)の幸はふ国ぞ真幸(まさき)くありこそ」、「日本は言霊の霊力によって幸せがもたらされる国です。感謝します」と・・・ある種祈りのように響いてきます。有難いことです。私たちは今一度、そんな言葉の力と尊さを覚え、神の言葉を聞き、自らの語る言葉を大切に、良き言葉で満たされたいものです。

 「どうか、わたしの口の言葉が御旨にかない 心の思いが御前に置かれますように」(詩19:15 )。



☆8月2日説教「思いを一つに」要約:
「皆、勝手なことを言わず、仲たがいせず、心を一つにし思いを一つにして、固く結び合いなさい」(コリント信徒への手紙一1:10)
 新約聖書が強調するのは、主の十字架と復活の出来事です。私たち一人一人の罪を贖うために、悲惨な苦難の死を遂げられ、さらに私たちを真に生かすために甦って下さったキリスト。その御方の前に、私たちはへりくだり、委ねて生きる以外に術はないのです
[PR]
by aslan-simba | 2015-07-30 18:00 | Comments(0)

人身を受け

 「宗教」の授業で取り上げた三帰依文というお経に、「人身(にんじん)受け難し、いますでに受く」という言葉が出ていました。人間に生まれてくることがいかに難しいことか。その人間として、今ここに生かされているのは、何という有難いことか。そのことをしっかり心に刻み、「生きよ」という意味でしょう。重い言葉です。

 人間としてこの国に生を与えられ、この時を今生かされている自分・・・その事実を私たちの言葉で言えば、神さまの「恩寵」以外の何ものでもありません。こんな頼りない者ですが、赦され、命を与えられ、主に在って生かされてここにある、勿体ないことです。詩編の聖句が、お経の言葉と共振します。

 「主よ、人間とは何ものなのでしょう あなたがこれに親しまれるとは。 人の子とは何ものなのでしょう あなたが思いやってくださるとは。 人間は息にも似たもの 彼の日々は消え去る影・・・主は恵みに富み、憐れみ深く 忍耐強く、慈しみに満ちておられます。 主はすべてのものに恵みを与え 造られたすべてのものを憐れんでくださいます・・・」(詩編144、145参照)。

 この人生の日々にあって、今というこの時、「与えられた使命に、全身全霊を傾けているだろうか・・・」と自らに問います。まだまだ足りない自分ですが、主の憐れみに一切を委ねて立ち続けたいものです。

 ガンで47歳の人生を終えられた鈴木章子さんという人が、こんな詩を詠っていました。

 「安心」 
 私は癌患者
 今 如来さまからいただいた役を
 果たしている
 これで いつ私の幕切れがくるのかは
 如来さまが知っている
 役柄を知って演じていても
 この安心


 「変換」
 死にむかって
 進んでいるのではない
 今をもらって生きているのだ
 今ゼロであって当然の私が
 今生きている
 ひき算から足し算の変換
 誰が教えてくれたのでしょう
 新しい生命  嬉しくて 踊っています 
 “いのち 日々あらたなり”  うーん わかります

 命 日々新なり・・・何とすばらしい言葉でしょう。限りある命を一日一日大切に、感謝して生きられたのですね。私たちも同じようにありたいものです。



☆7月26日「命の輝き」要約:
「そして今、神とその恵みの言葉とにあなたがたをゆだねます。この言葉は、あなたがたを造り上げ、聖なる者とされたすべての人々と共に恵みを受け継がせることができるのです」(使徒言行録20:32)
 パウロは決別説教を語っています。今生の別れ・・・。しかし、伝えた神の恵みの言葉は、聞いた人々を、信仰者として立たせ、完成し、永遠なる神の恵みを共々に受け継ぐ者へと導く・・・。パウロはそう確信していたのです。そのお言葉を私たちもここに聴いています。
[PR]
by aslan-simba | 2015-07-24 06:06 | Comments(0)

セミの季節

 一週間ほど前、玄関先の小枝にセミの抜け殻を見つけました。いよいよ夏。その二日前に、セミの初音も耳にしました。

 毎年、この最初に聞くセミの声は、ジージーと鳴くニーニーゼミです。次に梅雨明けと共に、アブラゼミやミンミンゼミが賑やかに鳴き始め、しばらくすると夕方や明け方に、ヒグラシの鳴き声を耳にするようになります。そしてお盆過ぎからツクツクホウシの声に初秋の訪れを覚える・・・。そのようなセミたちの声に、私たちは季節の時を実感するのです。こういった感性は、日本人に固有なものだと思います。

 先日、米国のCNNニュースが、セミのことをこう伝えていました。「セミ(シケイダcicada)は、見た目に決してきれいな昆虫ではなく、譬えて言えば、ゴキブリの背中に羽根を乗せ、オレンジ色の目を二個つけたような姿。鳴き声は、オートバイの騒音なみの100デシベルに達する騒々しさだ・・・」と、思わず爆笑しました。ちなみにこのニュースでも言っていたのですが、米国内でセミが見られるのはカンサス、ミズリー、ミシシッピの三州だけ。他の州では知られていません。そう言えば昔、オレゴン州の米国人にセミを説明した時、よく理解されなかった記憶があります。(当方の英語力のみならず、先方はそもそもセミ、つまりcicadaという単語すら知りませんでした)。

 ともあれ、「ゴキブリ」は絶対に嫌ですが、セミには親しみを覚えます。彼らは、暗い土中で何年も暮らし、地上で成虫になると、この光の世界での十日ほどの日々を、一生懸命に鳴いて過ごす。実にけなげです。同時に、何とも言えない命のはかなさを感じさせられます。

 おそらくは神さまの世界から見ますと、人間の地上の一生もまた、同じように、はかないものなのかも知れません・・・。神のもとでは「一日は千年、千年は一日」(ペトロ二3:8他)・・・。 私たちも神さまから頂いたこの世の日々を、けなげに精一杯生きたいものです。いつか希望のうちに、御国へと飛び立てる日が来る事を覚えて・・・。

 なお今年の本格的なセミの季節の始まりと共に、我が家の老犬シンバは御国へと旅立って行きました。




☆7月19日説教「神の備え」要約:
「こうして、教会はユダヤ、ガリラヤ、サマリアの全地方で平和を保ち、主を畏れ、聖霊の慰めを受け、基礎が固まって発展し、信者の数が増えていった」(使徒言行録9:31)

 ステファノの惨殺を契機に、教会に対する大規模な迫害が起こる。成長し始めていた教会は散らされた。しかし、そのような状況下にサウロ(パウロ)は、キリストに捉えられ、神の御言葉は確実に伝えられ、教会は大きく成長したのである。神の恵みの計画は、着実に進む・・・今、私たちもその中にあるのだ。
[PR]
by aslan-simba | 2015-07-17 08:20 | Comments(0)

梅雨の夕焼け

 暗くなりかけた西の空が茜色に染まっています。自然がつくり出した美しい色です。

 梅雨の晴れ間の夕焼け・・・子供の頃、東京の街で見た光景を思い起こしました。遊びを終えて、友達たちと「夕焼け小焼け」を歌いながら、お腹をすかせて家路に着いた頃のこと。昭和30年代、まさに『三丁目の夕日』の世界でした。 中学時代に読んだ小説の一節も脳裏を走りました。「空の彼方にある金毘羅さまの神殿の世界」(菊池寛『屋根上の狂人』)・・・。大人になってからは、仕事帰りにたまたま見た夕空に、励ましを感じたこともありました。ノスタルジックな「梅雨夕焼け」に過去の記憶が甦ります。

 そう言えば、母親に伝道のつもりで「天国」を語ったこともありました。「天国は東。でも西には阿弥陀さまの西方極楽浄土があるでしょう」と切り返されたのを覚えています。四十年も昔のこと・・・。あの夕焼けの彼方に浄土があり、母も父もそこに在って、憩うているのでしょうか。否、それは天国と繋がる同じ世界であろうと、今の私は考えるのですが・・・。ともあれ、夕焼けの情景は、私たちに真の安息の世界が存在することを約束しているようです。

 ちなみに聖書が使用する「夕焼け」という表現は一箇所(マタイ16:2)のみですが、「雲の柱、火の柱」に導かれ、シナイ半島を歩んだ出エジプトの民はいつも、一面に拡がる夕焼けの雲海を見ていたのでは・・・。またヘブライ人の一日は日没から始まると言いますが、「夕があり、朝があった」を繰り返す天地創造(創世記1章)の記述は、その始まりと終わりに、黄金に輝く夕焼けの空を想定していたのではないだろうか・・・と想像の翼を拡げてみます。

 ある詩人が書いていました。「夕焼けは空を焦がすだけじゃない 夕焼けは人の心を吸い上げる」(森山隆平)と。本当にそうです。

 なお「梅雨の夕焼けは朝までもたぬ」と言われます(高松海上保安部)。梅雨の時期は夕焼けになっても、翌日の天気が晴れとは約束されないということです。まあ明日のことは、神さまの御計らいに委ねましょう。必ずや良き方向へと導かれることを信じて。




☆7月12日説教「救いの日」要約:
「『恵みの時に、わたしはあなたの願いを聞き入れた。救いの日に、わたしはあなたを助けた』・・・今や、恵みの時、今こそ、救いの日」コリント信徒への手紙二6章2節

 パウロはイザヤ書の預言の言葉(49:8)を引用し、「今が救いの時だ」と述べる。福音が語られる時は、常に「恵みの時、救いの日」なのである。共々にあらためて御言葉を受け容れ、神に立ち帰えろう。それは今ここにおいても起こっていることではないか。
[PR]
by aslan-simba | 2015-07-10 13:16 | Comments(0)

それでも万年少年

 「顔は分かるのに名前が出てこない」「持っている同じ本を、また買ってしまった」「眼鏡を探していて、ふと気づくと自分の顔に掛けていた」・・・こんな経験ありませんか。同年輩の先生が、最近の出来事として笑って語っておられました。私の話ではありませんので、念の為・・・と胸を張りたいのですが、似たようなことは、私自身にも時折起こります。

 普段は意識せずとも、日々暮らしの中で齢を重ねているのは確かです。記憶力もそうですが、若干の体力の衰えも・・・。また視力や聴力の多少の低下も否めません。若いつもりでいても、身近な「老い」の事実は受け止めざるを得ないでしょう。

 心理学者ユングが述べています。「人生という時計針は後戻りさせることは出来ない。若い人間が外部に見出し、また見出さざるを得なかったものを、人生の午後にある人間は、自己の内部に見出さねばならないのである」と。

 私も人生の後半戦に入りましたが、自己を見つめながら、つくづく思わされるのが、「神の御前に、人は無に等しい、はかない者でしかない」(詩39:6-7他参照)という現実です。ただ神さまは同時に、そんな「無に等しい」私たちを、「存在するに価する者」として生かし(ローマ4:17参照)、さらには敢えて選ばれました(コリント一1:27-28参照)。「内なるキリスト」(ガラテヤ2:20)、「内なる光」(ヨハネ1:9)の導きをもって・・・。私たちは「自己の内部」に「主が共にある」ことを、そのように見出し、御国へ向けての日々を、さらなる感謝の内に歩めるのです。ただただ勿体ないことです。

 また年齢を重ねるということは、単に「馬齢を重ねる」のではなく、若い頃には人生経験の浅さから気づかなかったことが、分かるようになり、人生に深みが増してくるものだと言われます。英語のことわざに「Age and experience teach  wisdom.(老いと経験は賢明さを教える)」とあります。いつの日か、そのような老いの境地に達することも覚えて、「万年少年」の私は、今日も元気に頑張る所存です。




☆7月5日説教「ソロモンの栄華」要約:
「あなたをイスラエルの王位につけることをお望みになったあなたの神、主はたたえられますように・・・」列王記(上) 
 10章9節
 ソロモンの栄華の背後に、主の存在を覚えたのはソロモン自身ではなく、異邦の女王だった。同様な事は、私たちにもあるかも知れない。信仰者ではない周りの人たちの方が、私たち以上に、神さまの豊かな恵みに深く気づいているような事も・・・。
[PR]
by aslan-simba | 2015-07-03 13:51 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31