<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こころの手袋

 今、日本が、世界が大きな問題に直面している。作業中のパソコンを打つ手も痛み、かじかむ。何か心温まるものがないかと、思いついたのが、新見南吉の童話『手袋を買いに』だった。読みながら物語の世界に吸い込まれて行った。

 狐の親子の住む森・・・雪遊びをしてく洞穴へ帰って来た子狐は、「お母ちゃん、お手々が冷たい、お手々がちんちんする」と言って、濡れて牡丹色になった両手を母さん狐の前に差し出す。母狐は、子狐が「しもやけ」になったらかわいそうだと思い、人間の街にある手袋を買わそうと決意をする。そこで子狐の片手を人間の手に変え、白銅貨二枚持たせ、人間の前では決してきつねの手の方を出してはならないと話した。

 「人間はね、相手がきつねだと分かると・・・掴まえて檻の中に入れちゃうんだよ、人間ってほんとに恐いものなんだよ」と。かつて母狐は、人間にひどい目に遭わされた経験があったのだ。

 さて、その晩、手袋を買いに人間の街に初めて行った子狐は、目当ての店に辿り着き、戸をたたく。そして、「このお手々にちょうどいい手袋下さい」と言うのだが、店の中からもれてくる光のまぶしさに、間違えて狐の手の方を差し出してしまう。それでも店の人は、子狐の持参したお金が木の葉でないことを確認して、手袋を持たせてくれた。子狐は、人間は決して恐くないと思った。

 帰りがけに、人間の家から、子どもを寝かしつけるやさしい母親の声が聞こえて来た。「森の子狐もお母さん狐のお唄をきいて、洞穴の中で眠ろうとしているのでしょうね」と・・・。それを聞いて子狐は母狐が恋しくなり、走って森へ帰る。

 洞穴へ戻った子狐は、心配しながら待っていた母狐に、「母ちゃん、人間ってちっとも恐かないや」と語り、人間の街での出来事を話す。安堵した母狐はこうつぶやくのだった。「ほんとうに人間はいいものかしら。ほんとうに人間はいいものかしら」と。

 お読みになった方も多いだろう。私たちの日々の現実が「かじかみ」、「しもやけ」にならないようにと、温さで包んでくれるような物語だ・・・。ここに、あらためて世界の人々の真の平安を祈りたい。




☆2月1日「怪力サムソン」説教要約:
「サムソンは主に祈って言った。『わたしの神なる主よ。私を思い起こしてください。神よ今一度だけ私に力を・・・』」(士師記16:28)
 愛人の裏切りで、力の源である髪を切られ、捕らわれ身となった英雄サムソン。しかし最後は、神に祈り、力を頂き、敵を倒して、祖国を救うのである。
[PR]
by aslan-simba | 2015-01-30 17:14 | Comments(0)

貴高いサムライ精神

 ドラマでよく取り上げられる幕末~明治の人々。そんな主人公たちにゆかりの場所が、京都には数多くあります。いつか時間が許せば、ゆっくりと散策したいものです。

 さて、その激動の時代を生きた若きサムライの多くは、危機意識に目覚め、「日本を独立国として、如何に諸外国と対峙させて行くか」、そのための国のかたちは「公武合体か」「王政復古か」を命がけで問うたのです。 明治になると「国の仕組みを如何に築くか」という難問が待ち受けていました。近代立憲主義に基づく憲法の施行と議会の開設は、明治半ば。そこに至るまで、文字通り死に物狂いの作業の連続だったと言えるでしょう。国の根底を変革し、新たに築き、未来を生み出す・・・立場や考えの違いはあれ、彼らの一貫した真摯な姿勢を覚えます。

 そんな日本の近代の歩みは、草創期のプロテスタントの歩みとも無縁ではありません。明治5年、キリスト教禁止の「高札」が撤去される前年に、横浜では米人宣教師たちの教えを受けた若者たちが受洗し、日本で最初のプロテスタン教会、横浜公会を立ち上げます。また熊本では、洋学校の教師ジェーンズ大尉(米国の退役軍人)の感化で、また北海道では札幌農学校のクラーク博士の尽力で、信仰を誓う青年たちの同志的結盟(バンド)が結成されました。それぞれが横浜バンド、熊本バンド、札幌バンドと称されます。

 その熊本バンドの一人を中心に描いた『肥後もっこすと熊本バンド―生涯貴高いサムライ精神を貫いた明治男』という書を読みました。武家に生を享け、洋学校で学び、キリストと出会う・・・棄教を迫る家族。この時代の事です。止むを得ません。しかしそれを乗り越え、後には地方の牧師として、また夜学校の教師として働きました。その生涯貫いた「貴高いサムライ精神」に静かな熱いものを覚えました。

 そんな熊本洋学校の若者たちが十代の若さで、「キリスト教信仰をもって、祖国の発展に貢献しよう」という決意を奉じる礼拝を花岡山で行ったのが、1876(明治9)年の1月30日です(これが原因で熊本洋学校は同年8月に廃校となりますが・・・)。139年前の若き信仰のサムライたちの大志に今、心寄せます。

 そういえば、札幌農学校のクラーク博士は言いました。「Boys, be ambitious(少年よ大志を抱け),like this old man!(この老人のように)」と・・・。私たち一人一人も、老いも若きも負けずに、キリストに在って大志を抱き続けましょう。



☆1月25日説教「主のいやし」要約:
「さて、そこに三十八年も病気で苦しんでいる人が いた。イエスは、その人が横たわっているのを見、また、もう長い間病気であるのを知って、『良くなりたいか』と言われた」(ヨハネ福音書5:5‐6)

 病んでいた人にとって、ベトザタの池は無力だった。しかし、この病人を見出したキリストは、癒しを与えられたのだ・・・。 今、主は私たちにも同じように声をかけられる。「良くなりたいか」と。そして、私たちを立ち上がらせ、歩かせて下さるのである。感謝
[PR]
by aslan-simba | 2015-01-21 23:15 | Comments(0)

あれからニ十年

 新聞やテレビで、阪神大震災の特集を頻繁に目にするこの年初。あれから二十年が過ぎました。家を、家族をなくすという、心底痛ましい経験から立ち上がって来た人々・・・、また、被災者に思いを寄せてきた皆さんの祈りを、今一度心に刻みたく願います。

 ある方が書いています。「あの時、善意と優しさが荒涼とした被災地の冬空を暖めた」と。本当にそうでした。辛さの中にも、冷静さと思いやりを忘れなかった人々の姿がありました。胸が熱くなるような話を幾度も耳にしました。

 当時、私は阪神間での牧師の傍ら、神戸勤務のサラリーマンでした。もっとも2月末には会社を辞め、4月から京都の教会で働くことが決まっていました。そんなこともあり、1月14日(土)に、家族皆で、震災前の神戸の三宮・元町を歩きました。

 また15日(日)は、交流のあった小さなカトリック教会でミサの説教を担当しました。私の京都行きを知った外国人神父さんのご好意でした。ただ説教中に三度停電が起こり、もう一人の神父が「カトリックとプロテスタントが一緒になっているため?」と楽しそうに笑っていました。(後に、その教会は他のカトリック教会に併合され、現在は存在しません)。

 16日(月・振替休日)、妻の母教会で結婚式がありました。私も式に出席。新郎のお母さんが、嬉しそうに頬を赤く染めておられたのが、妙に印象的でした(ただ、その新郎の母親は、翌日、崩れた家の下敷きとなり、亡くなりました)。

 17日(火)の早朝のその震災、そして直後の事は、さまざまな記憶が今なお錯綜しています・・・。ともあれ、長くて短かった二十年の月日、その後も二万人(行方不明者を含む)を失った東日本大震災、さらに幾つもの自然災害で、この国の多くの尊い人命が取り去られました。

 「神よ、何故ですか」、そう問い続けてきた人も、少なからずいるでしょう。ふと、「お前たちは立ち帰って、生きよ」(エゼキエル18:32)との御言葉が脳裏を走ります。はからずも犠牲となられた方々を覚えつつも、私たちは許された時を、これからも強く生きましょう。「・・・一寸先は闇でなく 光であることを知らねばならぬ 新しい年を迎えた日の朝 わたしに与えられた命題 鳥は飛ばねばならぬ 人は生きねばならぬ(坂村真民)」と銘記して。




☆1月18日説教「キリストの自由」要約:

「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする」(ヨハネによる福音書8:31‐32)

 信仰生活は継続です。一時的な興奮や熱狂ではありません。キリストとの絶えざる交わり、結びつきが大切なのです。だから主イエスは、「信じる」だけではなく、「とどまる」ことを求められます。それは主と共にあって、委ねて生きることです。その時、人はキリストによる本当の自由を頂きます。
[PR]
by aslan-simba | 2015-01-16 21:44 | Comments(0)

ひつじ年

 毎年のことですが、その年の干支を覚えているのは大体2月辺りまで。そして思い出すのが、年の暮・・・新たな年賀状を書くために、前の年賀状の整理する段に至ってです。

 ただし今年は「ひつじ」だから、多分一年間、記憶出来るのではないか・・・。というのも、「羊」は聖書全体に500回以上も引用されるほど、キリスト教になじみの動物だからです。とくに「神の小羊」(ラテン語でアニュス・デイ)といったら、私たちの贖いために十字架の死を遂げられた、主イエスご自身を指しています(ヨハネ1:29、黙示録5:6他)。

 一方で羊は、迷いやすく保護の必要な存在として、私たち一人一人の姿とも重ねられます。その場合、羊飼いが、神さま、あるいはイエスさまということになります。 ご存知のルカ福音書15章の「見失った羊の譬え」(1‐7節、マタイ18:12―14参照)は、印象深い物語です。「見失った1匹を見つけ出すまで捜しまわる」と主イエスは語られるのです。私たち一人一人に対する、主の深い思いやりと愛がそこにあります。

 またヨハネ福音書には、「門番は羊飼いには門を開き、羊はその声を聞き分ける。羊飼いは自分の羊の名を呼んで連れ出す」(ヨハネ10:3)とありました。実は、この御言葉を黙想しながら思い起こしたのですが、以前ある方がこう言っていました。「羊を飼って生活する中近東の遊牧民たちは、自分たちの羊の顔を一匹ずつ見分けることができるのだ」と。

 そこから示されるのは、神さま、イエスさまが、私たち一人一人の名を知り、顔を知り、すべてを知って導いて下さっているという事実です。実にありがたい。これに応え、いつも主に深い信頼を寄せていたいものです。

 多くの信仰者に愛唱され、 親しまれている「詩編の真珠」、詩23編は「主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない」(1節)と篤い信頼をもってうたわれ、「命のある限り 恵みと慈しみはいつもわたしを追う・・・」(6節)と告白されます。私たちは、この詩の人生を歩み続けたいものです。

 最後に余談ですが、「羊」をもつ漢字、なかなか良い字が多いように感じます。祥、翔、義、美、善・・・と。これら漢字の意味するところを、我が身の内に実現できるよう、絶えず祈りつつ、精進できる一年となりますように。




☆1月11日説教「福音の初め」要約:
「神の子イエス・キリストの福音の初め」(マルコ福音書1:1)
 マルコ福音書の表題です。「福音」・・・「良い知らせ」。その中心にいるのが「神の子イエス・キリスト」です。神の子・メシアである主は確かに来られました。そして、救いを成就された事が私たちに知らされています。だから私たちは不平や不満に縛られるのではなく、希望をもって生きられるのです。
[PR]
by aslan-simba | 2015-01-10 09:24 | Comments(0)

お正月

 お正月・・・子どもの頃、暮から家族総出で迎える準備をした事を思い出します。父を中心に大掃除、母は時間をかけておせちをつくりました。はれて元旦、家々の玄関口に置かれる門松や玉飾が神々しく感じられました。半世紀以上も前の話です。今は正月飾りも随分と簡素になりました。

 ともあれ今年は一段と寒い年明け・・・それでも子供たちがサッカーボールで元気に遊んでいます。(昔は凧揚げやコマ回しでしたが)。晴れ着姿の人も時折見かけます。やはり、お正月は良いものです。寄る年並みのゆえか、折々の日本の風景に心和むようになりました。

 そういえば昨年の「国民性調査」(文部科学省所管)によると、日本人の83%が「生まれ変わるなら外国ではなく日本に」と考えている由。これは5年前の調査より随分増えたそうです。また、「日本人は他人の役に立とうとしている」と思う人が、過去最多の45%に上ったと言います。結果については、「震災時の秩序だった行動が国民意識に反映されている」等と分析されているようです。他にも意見はあるでしょうが、私はこの国に生を享けた信仰者で在ることに、心から感謝しています。

 さて日本の正月、「一年の計は元旦にあり」と言います。今年一年も、まずは「喜びと笑顔をもって過ごす一年でありたい」とあらためて誓います。わけても「常に喜べ。絶えず祈れ。凡てのこと感謝せよ」(テサロニケ一5:16―18文語)を銘記して(多少怒りっぽいところがあるため・・・)。ちなみに仏教には「和顔愛語(わげんあいご)」というお経の言葉があります。おだやかな笑顔と思いやりで人に接する時、自然と温かな心の交流を築けることが意味されています。まさに「笑う角には福来る」、笑いがあるところに邪気は来ないのです。

 そんな笑顔と喜びをもって歩む新たな一年の根底に、神さまへの全き信頼が据えられますように・・・。いみじくも新たな年の朝に、こんな御言葉が与えられました。「主に信頼し、善を行え。この地に住み着き、信仰を糧とせよ。主に自らをゆだねよ 主はあなたの願いをかなえてくださる。あなたの道を主にまかせよ。信頼せよ、主のはからい あなたの正しさを光のように あなたのための裁きを 真昼の光のように輝かせてくださる」(詩編37:3―6)。

 本年も皆さまにとって、幸多きひととせでありますように。また桃山栄光教会でお会いしましょう。今年もどうぞよろしく!




☆1月4日桃山栄光教会創立記念日・新年礼拝の説教要約:
「見よ、わたしの僕、わたしが支える者を。わたしが選び、喜び迎える者を」(イザヤ書42:1)

 十字架にかかられたその方は、復活して今も生きておられます。今も働いている・・・。「傷ついた葦を折ることなく、暗くなってゆく灯心を消すことなく」忍耐強く、私たちに関わって下さっているのです。感謝
[PR]
by aslan-simba | 2015-01-01 15:20 | Comments(0)

Happy New Year 2015!

あけましておめでとうございます。
本年も主に在って、平安なひととせでありますように。

「わたしは神に近くあることを幸いとし 主なる神に避け所を置く」
 (詩編73:28)


 May God be with you during this New Year.

 
 “As for me, it is good to be near God.
  I have made the Sovereign LORD my refuge.”
  (Psalm 73:28)


<礼拝のご案内>
1月1日(水)午前11:00~12:00 元旦礼拝
   4日(日)午前10:30~11:30 教会創立記念・新年礼拝

どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。
[PR]
by aslan-simba | 2015-01-01 01:11 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31