<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

人生の秋の希望

 朝、ウォーキングのひと時、季節の自然に新たな喜びを感じます。心地よい風に揺れるススキ、コスモスの花。道の傍らに咲く色鮮やかな彼岸花。こんもり繁った林の中を行くと、木々の間に差し込む光が、本当にやわらかくなりました。広場に出て、空を見上げれば、雲の形も変わった事に気づきます。空一面に拡がるのはいわし雲・・・うろこ雲と言うのでしょうか。ともあれ、気持ちの良い季節です。

 そして、一日の仕事を終えて迎える夕暮れ。草むらから聞こえる虫の音に、今度は一転して、何とも物憂い寂寥感に囚われるのです。百人一首にもこんな詩がありました。「寂しさに 宿を立ち出でて 眺むれば いづこも同じ 秋の夕暮れ」。秋の夕暮れに佇む人の思いは、昔も今も変わりません。

 ふと高校の国語の先生が言っていた「飛花落葉」(ひからくよう)という言葉が、脳裏をよぎりました。「咲いた花もやがては散り、青葉も秋には色づいて枯れ落ちる。人生のはかなさや、世の無常をたとえる」・・・。確かにそうです。自然ばかりではなく、人生も秋を迎え、そして冬を迎え、ついに枯果てる。思えば、そんな当たり前のことに感じ入るようになったのは、人生の秋を迎えたここ数年のことです。以前はそうではなかった・・・。

 30何年も前、ある教会の読書会で、精神医学者ポール・トゥルニエの『人生の四季』を読んだことがあります。彼は、人の幼年期、青年期、壮年期、老年期を四季に喩え、それぞれの時期における課題と信仰者としての生き方を示していました。当時、「人生の夏」の最中にあった自分には、その秋や冬が、いずれ我が身に及ぶことなど、正直想像もできませんでした。ただ読書会をリードしていた牧師が、自戒的に語った「人生の秋になったら、人は見える物への執着を断念すべきだろう」との言葉が、妙に記憶に残っています。思えば、あの時の牧師さんと今の自分は同い年くらいのはず。

 あらためて、見えない主の導きに思いを注ぎます。そして感謝し、心から祈る時、この人生の秋が、今、爽やかな風に包まれているのに気づかされます。いつか直面する冬も、新たな春の命の誕生を待つ「希望の時」になるでしょう。「見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです」(コリント二4:18)。



☆9月28日説教「神の憐れみ」要約:
「ああ、神の富と知恵と知識のなんと深いことか。だれが、神の定めを究め尽くし、神の道を理解し尽せよう」(ローマの信徒への手紙11:33)

 私たちに対する圧倒的な神の憐れみを、パウロは「富」と表現する。その限りない神の富に包まれて、私たちは存在するのだ。ただただありがたいことである。
[PR]
by aslan-simba | 2014-09-26 12:13 | Comments(0)

秋のお彼岸に

 「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、いよいよ秋彼岸、朝夕に爽やかな秋風の吹く、しのぎやすい時節となりました。道を行けば、緑の中に群がって咲く彼岸花が美しく揺れています。自然は季節の時を知っているようです。

 ところで、「彼岸」という言葉ですが、これは「向こう岸」、つまり「あの世」のことを指します。だから、お寺の法要やお墓参りが、この時期、一般的に行われるのでしょう。なお、お彼岸の習慣は、日本独自のもので、伝説によれば、この行事を最初に行ったのは聖徳太子と言われ、古くは宮廷の行事でしたが、やがて江戸時代に、これが幅広く庶民の間にも行き渡ったそうです。

 現在、お彼岸の中日(ちゅうにち)で祝日の春分、秋分の日について、法律は次のように規定しています。春分の日「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、秋分の日「先祖うやまい、なくなった人々をしのぶ」日である、と(内閣府「国民の祝日に関する法律」第2条参照)。私も、この秋のお彼岸に、先祖のことなどについて、少し思いを馳せてみたいと思います。おはぎでも食べながら・・・。

 思えば、日本人は古くから先祖のことを大切にしてきました。だからでしょうか、こんな事がよく言われます。「1人の人間には父、母の両親がいる。さらにこの父母にもそれぞれに両親がいて、これを5代前まで遡ると先祖の数は32人。10代まで遡ると、なんと1024人もの人々が関わってきたことになる」と。つまり、この1人の自分が、今ここあるのは、それだけ数多くの先人たちのおかげだということです。言葉を換えれば、神さまから頂いたこの命は、脈々と続いてきた先人たちの流れの中に、与えられたものに他ならないということでしょう。

 聖書の民も、先祖を尊ぶ民族でした。彼らは10代以上もの先祖の名前を記録し、先祖を導いた神として、主を崇めました。「神よ、我らはこの耳で聞いています 先祖が我らに語り伝えたことを 先祖の時代、いにしえの日に あなたが成し遂げられた御業を」(詩編44:2)。

 今、自分の先祖、さらに多くのこの国の先人たちのことを覚え、あらためて神さまの導きに感謝致します。



☆9月21日説教「喜びの礼拝」要約:
「その後、わたしが見ていると、見よ、開かれた門が天にあった」(ヨハネの黙示録4:1)

 開かれた天の門。ヨハネが主の日に見たのは、この開かれた門だった。それは、ヨハネの個人的な幻視とも説明されよう。しかし、その幻が書き残され、礼拝において私たちのために語られる・・・。 この開かれた天の門を、私たちは肉眼で見ることはできない。しかし、ここで礼拝する私たちに対し、今この救いの天の門は、大きく開かれ、私たちを招いているのである。
[PR]
by aslan-simba | 2014-09-17 08:18 | Comments(0)

人生120年

 9月、季節の風に誘われ、早朝ウォーキングを再開。8月のお盆休みの頃、妻と暗いうちに歩き始めた道を、明るい光が差し染める中、今朝は一人で歩き始める。

 まだ6時前だというのに、結構多くの人を見かける。犬の散歩で歩いている人、お地蔵さんの前で手を合わせている人、私と同じようにウォーキングをする人・・・。そして、その大半が、私よりも年上と、見受けられる人たちだ。しばらく前に、こんな見出しの新聞記事を読んだのを、思い起こした。「平均寿命、日本人男性 初の80歳超え 女性は86.61歳 2年連続世界一」(日経7/31 )。長寿の国、あらためて実感する。

 実は歩きながら、初秋の自然を楽しむつもりで家を出たのだが・・・それはともかく、健康づくりに努める人生の先輩たちの姿に、ある種の感動を覚える。せっせとランニングを続けるおじいさんや、リハビリをしているのだろう、杖をつきながら一生懸命歩いている人もいる・・・。ゆっくりとかみしめるように歩いていた、かなりご高齢のおばあさんが明るい声で、「おはようございます」と笑顔を向けてくれた。有難いことだ。

 ふと、以前、読んだ元京大総長の平澤興という人の言葉が、脳裏をよぎる。「本当に人生を楽しむのは80歳から・・・80歳でまた第三の人生が始まる。 より輝きのある人生、拝まずにはいられぬところの人生が始まる。この人生がどこまでゆくのか私にはわからない。それは何か、神々しいものが輝いている感じである・・・」と。

 そういえば、聖書はさらに人間の寿命を「120年」(創6:3)と記していた。聖書的には120歳までは高齢者ではない。70,80などは、まだまだ若造なのだ。あの信仰の父アブラハムが旅立ったのが75歳、モ-セは80歳過ぎてから出エジプトの働きを託されたのである。新約の使徒ヨハネも、伝説によれば90歳代で福音書や黙示録を記した、とか。 その長い人生、喜びもあったが、難儀なことは多く、不安も尽きなかった。その意味では、私たちも彼らと同じではないか。ともあれ、一歩一歩乗り越えて行こう。

 「わたしは、モーセと共にいたように、あなたと共にいよう。わたしはあなたを見放さず、あなたを見捨てない。 強くあれ。雄々しくあれ」(ヨシュア1:5,6新改訳)・・・こんな御声が新たな季節の風にのって、耳元に届くはずである。



☆9月14日説教「良き僕」要約:
「あなたがたはそれぞれ、賜物を授かっているのですから、神のさまざまな恵みの善い管理者として、その賜物を生かして互いに仕えなさい」(ペトロの手紙一4:10)

 「賜物」、私たちが何かを為したことに対する、神さまの報酬ではありません。それは元々、私たち一人一人に託されている特性のことなのです。だから「神のさまざまな恵み」とも言い換えられています。 大切なのは、その「賜物」を用いること。穴の中に埋めてしまってはなりません(マタイ25:18参照)。
[PR]
by aslan-simba | 2014-09-09 10:53 | Comments(0)

お団子と白露

 豪雨による辛い出来事のあった夏は過ぎました。いつしか日中の法師蝉の声が小さくなり、夕べと早朝、虫の音色がはっきりと耳に響くようになりました。空を仰げば、行く雲が新たな季節の訪れを告げています。今、自然は、やさしさを取り戻してくれたようです。

 カレンダーを眺めながら、8日が中秋(陰暦8月15日)であると知りました。澄んだ夜空に煌々(こうこう)と輝く名月、十五夜お月さんの日・・・子供の頃、家の縁側にお団子とススキをお供えして、家族揃ってお月さまを見上げたのを懐かしく思い出します。大きな声で「でたでた 月が まあるいまあるい まんまるい 盆のような 月が・・・」と歌ったこともありました。幼稚園の時だったでしょうか。

 ちなみに、お供えのお団子も白くてまんまるでした。毎年、母がつくっていました。ただ、それを食べた記憶はありません・・・。 お月見団子が食べられるものと知ったのは、関西に来てからです。もっとも、その形状は東京と関西とでは随分違います。こちらは細長い楕円形で、周りにしっかりこし餡が巻いてあります。好きな味です。「花より団子」ならぬ「月より団子」・・・もっともお月見あってのお団子ですが。

 さて8日の暦にはまた、「白露」(はくろ)とあります。白露は、秋分の15日前のことで、「大気が冷え、野の草に露が宿って白く見える頃」を意味するそうです。

 ふと聖書のこんな箇所を思い起こしました。「朝には宿営の周りに露が降りた。この降りた露が蒸発すると、見よ、荒れ野の地表を覆って薄く壊れやすいものが大地の霜のように薄く残っていた」(出エジプト記16:13,14)。「夜、宿営に露が降りると、マナも降った」(民数記11:9)。 マナとは、出エジプトの民が荒れ野にあった時、天が与えた日々の食物です。

 というわけで、お団子と白露を思いながらマナを覚えてしまいましたが、日本に住む私たちは日々の糧と共に、月を愛でるという感性も頂いています。加えて私たちは日々、御言葉のマナも頂きます。今日示されたのはこんな御言葉です。「ヘルモンにおく露のように シオンの山々に滴り落ちる。 シオンで、主は布告された。祝福と、とこしえの命を」(詩編133:3)。本当に有難いことです。



☆9月7日説教「道をひらく」要約:
「恐れてはならない。落ち着いて、今日、あなたたちのために行われる主の救いを見なさい」(出エジプト記14:13)

 出エジプトの民は、主の救いを見る。主が戦い、救いの業を現し、道がひらかれるのである。上述の御言葉は、この私たち一人一人にも与えられている。私たちがなすべきことは、最後まで主に信頼し、主の道を進み続けることだ。そして、「主の救い」の成就をこの身に見ようではないか。
[PR]
by aslan-simba | 2014-09-04 12:09 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30