<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

優しい鬼くんたち

 近所のスーパーのチラシに「節分巻きずし」予約販売、お渡し日「2月3日」とあった。最近は恵方巻(丸かぶり寿司)も節分名物になった。しかし古来、節分行事といえば、先ずは「追儺(ついな・鬼祓い)」だ。立春を前に豆をもって鬼(災い)を祓う。さらに、鬼が戻らないように玄関先に鬼の嫌いな鰯(いわし)の頭を柊(ひいらぎ)に刺して置くのである。
 「鬼は外、福は内」・・・二十年も前になるが、「豆をぶつけたら鬼さんたち可哀そう」と、『泣いた赤鬼』の話(浜田廣介作)を子供たちが聞かせてくれた。心に残る話だった。
 山に住む、人間と仲良くしたい赤鬼、お菓子まで用意して人間を待つが、誰も怖がって近寄って来なかった。悲しんだ赤鬼は親友の青鬼に相談する。同情した青鬼はこんな策を提案する。それは「青鬼が人間のところへ行って大暴れする。そこへ赤鬼が登場し、青鬼を懲らす演技をすれば、人間たちは赤鬼を優しい鬼と思うだろう」ということ・・・それでは青鬼に悪いと赤鬼は遠慮するが、結局彼らは人間の村で、この一芝居をうつことにした。作戦は成功し、結果赤鬼には人間の友達が多くでき、毎日楽しく過ごせるようになる。しかし日が経つにつれ、赤鬼は親友の青鬼のことが気にかかり、青鬼の家を訪ねる。青鬼は不在。そこに貼り紙があった。「赤鬼くん、人間たちと仲良く楽しく暮らしてください。もし、僕がこのまま君と付き合っていると、君も悪い鬼だと思われるかもしれません。それで、僕は旅に出るけれども、いつまでも君を忘れません。さようなら、体を大事にしてください。どこまでも君の友達、青鬼」。
 ・・・泣き続ける赤鬼くん。友の願いを叶える為に力を尽くし、静かに身を引いた青鬼くん・・・何と義理堅く、友だち思いなのだろう。背後に「互いに愛しあいなさい。これがわたしの掟である。友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」というイエスさまの御言葉さえ響いてくる。
 悪い鬼は追い払うべきだが、私たちの国には、こんなにまで心根の優しい鬼くんたちもいるのである。
 今、彼らはどこで、どうしているだろう。もしかしたら、この節分に出会えるかもしれない。ありがとう、青鬼くん、赤鬼くん!



☆2月2日説教「癒やしの奇跡」要約:
「・・・『人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう』。そして、中風の人に言われた。『わたしはあなたに言う。起き上がり、床を担いで家に帰りなさい』」(マルコ福音書2:9-11)
 イエスは、神の権威をもって罪の赦しを宣言された。私たちは神の憐れみの下、この「根源的な癒し」に与っているのである。だから、どんな時にも、希望をもって立ち上がって行くことが出来るのである。
[PR]
by aslan-simba | 2014-01-30 21:31 | Comments(0)

Today Is A Gift

 新しい年の最初の月である1月も、あと一週間ほどで終わる。時の流れの早さに、あらためてとまどいを覚える。だからと言って、時計の速度を落とすことはできない。決められた物理的な時間は、過去から現在、現在から未来へと刻々と刻まれている。私たちは、その中に生きている。
 こういう英語表現がある。Yesterday is history. Tomorrow is a mystery. Today is a gift. That's why we call it the present.(昨日は過去。明日は未知。今日は贈りもの。だから「現在」のことを「プレゼント」と呼ぶ)と。含蓄深い表現だと思う。過去、現在、未来の流れの中で、最も大切なのは、現在だからである。
 過去を捉え直し、未来を展望することができるのは、現在という基点があればこそ・・・言い換えれば、現在次第で、未来の希望はもちろん、変えられない過去も、その意味合いは大きく変るだろう。その現在というかけがえのない贈りものを大切にして行きたい。
 文豪ゲーテは、現在を賢明に生きる術について、こう述べた。「気もちよい生活を作ろうと思ったら、済んだことをくよくよせぬこと。 滅多なことに腹を立てぬこと。 いつも現在を楽しむこと。 とりわけ、人を憎まぬこと。 未来は神にまかせること」(「処世のおきて」高橋健二訳)。「過去をくやまず、未来を見上げて、笑みつつ現在を生きよ」ということだろう。心したい。
 このゲーテの言葉、主イエスの有名な「思い煩うな・・・」(マタイ福音書6:25-34参照)の御言葉とも重なろう。「何を食らい、何を飲まんと、生命(いのち)のことを思い煩い、何を着んと体のことを思い煩うな。・・・まず神の国と神の義とを求めよ、然らばすべてこれらの物は汝らに加えらるべし。この故に明日のことを思い煩うな、明日は明日みずから思い煩わん。一日の苦労は一日にて足れり」。
 そして聖書は、現在という時をこう告げている。「今や、恵みの時、今こそ、救いの日」(コリント二6:2)と・・・。今、現在、ここに生かされて在る私たち。力を尽くして歩み、後はただただ神さまに委ねたい。



☆1月19日説教「キリストの体」要約:
「あなたは代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を現しなさい」(コリント一6:20)
 買い取られた体とは、キリストの命の値が付けられた体ということです。そのようにして私たちは、神の栄光を現すための体とさせて頂いたのです。 そこから私たちの体はキリストの体の一部であり、神さまの霊が宿ってくださる神殿とされた。神さまはそのように、私たちを見ていて下さいます。どうか、そのことをしっかりと心に留めて下さい。
[PR]
by aslan-simba | 2014-01-23 20:16 | Comments(0)

忘れる恵み

 「ものをとりに部屋へ入って 何をとりにきたか忘れて もどることがある もどる途中でハタと 思い出すことがあるが そのときはすばらしい  身体がさきにこの世へでてきてしまったのである その用事はなんであったか いつの日か思い当たるときのあるひとは 幸せである  思い出せぬまま 僕はすごすごあの世へもどる」(杉山平一『生』)。
 「何をとりにきたか忘れて・・・」、私にも思いあたるふしがある。最近は取りに行った物だけでなく、人の名前や固有名詞がすぐに口をついて出ないことも案外ある。老化現象の始まりか。
 聞いた話だが、「物忘れは、脳の前頭前野にある『ワーキングメモリ』という記憶の働きの低下が原因」という。このメモリが衰えて来るのは40歳代。メモリを鍛えるには「イメージして行動すること」「感動や達成感を味わう経験をすること」「スロージョギングをすること」、さらには「大豆食品を食べること」「積極的に料理づくりをすること」が大事とのこと。要は、普段から絶えず頭と体を使い、ちゃんと栄養を取ることが肝要ということだ。あらためて心しておきたい。
 もっとも「忘れること」の大切さも、「忘れて」はならないだろう。歳をとって、過去の自慢話を繰り返し滔々とする人がいる。気持ちは分からないでもないが、「俺が、俺が・・・」は、どこかで忘れ去った方が恰好よい。
 また、月日の流れのなかで、若かった頃の悲しみや過去の辛い体験の思い出のとげが抜かれ、トラウマが薄れ、いつしか笑って語れるようにとなって行くなら、老化による忘却も福音ではないか。そして最後には感謝の思いだけが残れば・・・それこそが「幸せな人」だろう。
 ただ神さまの大きなお支えの下に生かされていることだけは、忘れずにおきたい。いや、それさえも最後は忘れて、「思い出せぬまま御国へ戻る」ことになってもよいのだ・・・。「あなたがたの名が天に書き記されていることを喜びなさい」(ルカ10:20)と主イエスは言われる。私たちの記憶は失せても、神さまの私たちに対するご恩寵は不変だからである。本当に有難いことだ。


☆1月19日説教「命の水」要約:
「川は、都の大通りの中央を流れ、その両岸には命の木があって・・・」(ヨハネ黙示録22:2)
 礼拝の折にはいつも、神の都の中央を流れる「命の川」を起こしたいものだ。そこから「命の水」を汲み取り、その両岸にある「命の木」の恵みに与りたい。そして、癒されて、また立ちあがり、健やかにこの世の歩みを続けようではないか。私たちの涙を拭い取り、嘆きも、悲しみも労苦も祝福に変えて下さる神を心から信じて・・・。
[PR]
by aslan-simba | 2014-01-13 22:12 | Comments(0)

今、この時を

 「今や、恵みの時、今こそ救いの日」(コリント二6:2)。この聖句があらためて心に響きます。今年も一時一時、一日一日を大切に積み重ねながら、前向きに人生の旅を歩み続けましょう。今ここに生かされて在る事に感謝しつつ。
 俳人・松尾芭蕉は人生の旅の最後に、「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」(病中吟)と詠みました。一般に彼の辞世の句と言われますが、辞世をめぐっては、こんな逸話もあります。
 晩年、旅先の大阪で病に倒れた芭蕉に、門人たちは辞世を願いました。「昔から、有名な文人や武将は必ず辞世の歌や句を残しています。先生ほどの方に辞世がなかったのかと、世間の人から言われては残念です。また私共のためにも、是非とも辞世の句をお遺し下さい」と。これに対して芭蕉はこう答えます。「きのふの発句はけふの辞世、今日の発句はあすの辞世、我生涯言い捨し句々一句として辞世ならざるはなし」(芭蕉臨終記『花屋日記』)。「人はいつ死ぬかわからない。それゆえ、今日つくった句が、辞世の句になってもいいという思いで、これまでの一句一句、全身全霊を込めて詠んで来たのだ」という事です。だから「平生即ち辞世なり」なのです・・・。彼の俳諧に対する真摯な態度と共に、常に今という時を真剣に生きた姿勢が伝わってまいります。
 「今、この時を懸命に生きる」ことを意味する「而今(にこん)」という禅語があります。あるお坊さんが、こう書いておられました。「遠い過去からはるかな未来を見通した上で今の、いや<而今>の一刻一刻をあゆんでゆきたいものです」と。共感しました。今を、今日を真摯に生きることこそが、過去のこだわりから解放され、希望の明日をつくりだすのです。そこに今日の喜びもある!
 「・・・きのう知らなかったことを きょう知る喜び きのうは気づかなかったけど きょう見えてくるものがある 日々新しくなる世界 古代史の一部がまた塗り替えられる 過去でさえ新しくなる」(川崎洋)。
 今年の私たちは、また私たちの国の未来は、もっともっと明るくなるはずです。



☆1月12日説教「遣わされて」要約:
 神学にこういう言い回しがあります。「人間の混乱と神の摂理」 (Human confusion, Divine providence.)。人の心の問題によって、この世界には様々な悲惨な現実が生じています。しかし、「摂理の神」、ご計画をなす神がおられることを忘れてはなりません。使徒パウロは言います。「神を愛するものたち、つまりご計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働く・・・」(ローマ8:28)と。主に在って、最終的には必ずやすべてが良い方向へと向けられます。
[PR]
by aslan-simba | 2014-01-09 23:02 | Comments(0)

お正月

 新年おめでとうございます。昔の人は、正月に一つ歳をとると考えました。「めでたさも 中くらいなり おらが春」(小林一茶)「門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」(一休宗純)といった歌、これらは、新年早々、齢を加えることへのアンチテーゼでしょうか。そんな思い、私にも分らないでもありませんが。
 ともあれ、今年は穏やかな新春、寒さから温かさへ、暗さから明るさへと変わってゆく、素晴らしい自然の営みが感じられます。行き交う人々との挨拶も、ここ暫くは「おめでとう」になります。ある方が言いました。「正月は大地と自然の大きな恵みを受け、やがて草木が芽をだす時を迎えるので、『お芽でとう』というのだ」と。早春の足音が、いよいよ聞こえて来る時に、新たな一歩を踏み出せる幸いに感謝します。
 さて去年の終わり(と申しても、つい数日前ですが)、ある新聞が昨年一年を振り返り、こう記していました。「日本人が誇りと豊かさを取り戻すため、活力ある国づくりに再び歩み出した1年だった。・・・2020年東京五輪の開催が決まったのは、『元気な日本』が進行している象徴といえまいか。今年の成果を踏まえ、さらなる前進を新年に期待したい・・・」と。
 皆さんにとっての過ぐる一年は如何でしたか。悲喜交々だったかも知れません。知人にも、大変な思いをされた人がいました。それでも、私たちの周囲は数年前と比べ、随分と明るさを取り戻して来たように思います。まさに一陽来復、そこに迎えた新たな年は、前進の年になると思います。
 わけても今年は午年、こんな聖句はいかがでしょうか。「わが魂よ、力強く進め。そのとき、馬のひづめは地を踏み鳴らす。駿馬の一隊が突き進む」(士師記5:21‐22)。老若男女、思いを一つに、雄々しく歩みたいものです。なお、主にあって年齢を増し加えるのは、有難い大いなる恵みです。
 「年をとることは いいことだ とってみなければ わからない 世界が開けていく とくに 今年は 何だか すべてが 新鮮だ」(坂村真民)。今年も、どうぞよろしく。



☆1月5日説教「新しい心」要約:
 新たな主の年を迎えました。今日はまた桃山栄光教会の創立記念日にもあたります。この日の礼拝において、私たちが耳にしているのは「主はシオンを慰め、そのすべての廃墟を慰め、荒れ野をエデンの園とし、荒れ地を主の園とされる」というみ言葉です。「そこには喜びと楽しみ、感謝の歌声が響く」というのです(イザヤ書51:3)。ここに新たな信じる心を頂いて、新たに歩み出しましょう。
[PR]
by aslan-simba | 2014-01-01 18:35 | Comments(0)

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。
本年も主に在って、平安なひととせでありますようにお祈り申し上げます。
「主があなたを祝福し、あなたを守られるように。 主が御顔を向けてあなたを照らし あなたに恵みを与えられるように。  主が御顔をあなたに向けて あなたに平安を賜るように」(民数記6:24-26)。

The Lord bless you and keep you; the Lord make his face to   shine upon you and be gracious to you; the Lord lift up his  countenance upon you and give you peace.

Happy New Year! God bless you through out the
new year.

礼拝のご案内
  1月1日(水・祝)午前11:00~11:30 元旦礼拝
  1月5日(日)  午前10:30~11:30 教会創立新年礼拝

どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

  
[PR]
by aslan-simba | 2014-01-01 00:01 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31