年の瀬に思う

  あと数日で今年も暮れようとしている。子供の頃、「もういくつ寝るとお正月・・・」と新たな年へと心はずませ、嬉々として家の手伝いをしたことを思い出す。
  行く年、来る年・・・松尾芭蕉の言葉がよぎる。「月日は百代の過客にして、行きかう人もまた旅人なり」・・・芭蕉は、「月日というものは、常に旅を続ける旅人、来ては去る年もまた同じ旅人である」と述べ、奥の細道へと旅立った。まさに旅を人生とし、人生を旅として生きたのである。
  聖書も私たちに、「人生は旅である」ことを教える。事実、そこに登場する人々の生きざまも、みな旅の人生だった。 私たち一人一人も、その旅に今を生きる。 山あり谷あり、その道のりは決して平坦ではない。しかし、だからと言ってその歩みを止めることはできない。遅々とした歩みでも、勇気を振り絞って一歩を踏み出すことが大切である。そのように人は、自らの道のりを踏みしめながら歩むのである。
  この旅程、人によっては思いのほか長いものもあれば、また心ならずも短い旅もある・・・。しかし、この旅には均しく終着点があることを心に留めたい。それは人生最大の喜びとなる目的地、「天の故郷」に辿りつくことである。
 聖書は語る。「(聖書の人々は)信仰を抱いて死にました。・・・彼らは・・・天の故郷を熱望していたのです。だか ら、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいません。神は、彼らのために都を準備されていたからです」(ヘブライ11章参照)と。つまり人生の究極は、御国への帰還の時、凱旋の時なのである。そこには「もはや死もなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない」(黙示録21:4)ことが約束される。思えば、 このような目的地を示されて、人生の旅に生かされていること自体、有難いことではないか。
  ふと、こんな聖句が心に響いた。「一生の間、あなたの行く手に立ちはだかる者はないであろう。・・・あなたと共にいる。あなたを見放すことも、見捨てることもない。強く、雄々しくあれ」(ヨシュア1:5-6)。共にさらなる一歩を踏み出そう。新たな年、主と共に。



☆12月29日説教「嘆きを喜びに」要約:
「シオンのゆえに嘆いている人々に 灰に代えて冠をかぶらせ 嘆きに代えて喜びの香油を 暗い心に代えて賛美の衣をまとわせるために」(イザヤ書61:3)
  聖書は「嘆き」を否定的に捉えません。嘆くべきことを嘆くのは、大事なことなのです。それを通して、私たちは、神の赦しを求め、救いを求めて、神に寄り頼む者となるのです。そして、その神さまから、本当の喜びが「嘆きに代えて」与えられる。神御自身が暗い心に代えて「賛美の衣」 をまとわせてくださるのです。感謝
[PR]
by aslan-simba | 2013-12-26 16:50 | Comments(0)

天国のクリスマス

 今年も何通も喪中のはがきを頂きました。親しかった知人の名前もそこにありました。いつの日か天国で再会できる時を祈ります。
 英語のウェブでMy Firist Christmas in Heaven(天国でわたしの最初のクリスマス)という詩を見つけたので訳出しておきます。


☆天国で最初の わたしのクリスマス

見下ろせば、地上の至るところに、数え切れないほどのクリスマスツリーが見えます
そこに灯される小さな光は、雪の中で天上の無数の星々のように輝きます
実に美しい光景です 
どうか、頬をつたう涙をふきとってください
今年のわたしは イエスさまと共にクリスマスの時を過ごしているのですから

地上の人々が心をこめて歌う、多くのクリスマスの讃美歌も聞こえています
でもこの天上における聖歌隊の音楽とは比較できません 天上の歌声がもたらしてくれる無上の喜びを わたしは到底言葉にはできないのです 天使たちの歌の素晴らしさは、表現できる範囲を超えているからです

わたしはあなたたちがどれほど寂しいかよく分かっています
わたしにはあなたたちの心の痛みが見えます 
でも、わたしはそんなに遠くにいるわけではありません わたしたちが本当に離れ離れになってしまったのではないのです
だから 愛する人たち、わたしのために幸せでいてください わたしはあなたたちの思いを心に抱いています 
喜んで下さい 今年のわたしは イエスさまと共にクリスマスの時を過ごしているのですから

わたしは天国の家から、あなたたちひとりひとりに贈物を送ります いつまでも朽ちることのない愛の記憶という贈物をひとりひとりに
何といっても、愛こそが純金にまさる 最上の贈物です
愛こそが、イエスさまがお語りになったお話の中で、つねに最も大切なものでした
どうか父なる神が言われたように、いつまでも互いに愛し合ってお過ごしください
神さまがあなたたちに与えている祝福や愛は数えられないのですから
だから どうか良きクリスマスを迎え 涙をふきとってください

覚えて下さい 今年のわたしは イエスさまと共にクリスマスの時を過ごしているということを・・・




☆12月22日クリスマス礼拝説教「インマヌエル」要約:

「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる」 この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。(マタイによる福音書1:23)

 どんな悲しい時でも、どんなに辛い現実の中にあっても、神が共にいて下さること(インマヌエル)を自覚する人は、既に救われています。 あらためてその恵みを確認する。そこにクリスマスの大いなる喜びがあります。
Merry Christmas.豊かな祝福あれ!
[PR]
by aslan-simba | 2013-12-21 09:03 | Comments(0)

クリスマスの黙想

「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる」(ルカによる福音書1:35)


 フラ・アンジェリコやエル・グレコらの名画で知られる「受胎告知」の場面の聖句である。
 ダビデの家系に神の子が誕生する。それは紀元前千年期に預言者ナタンによって語られていた(サムエル記下7:12以下参照)。この約束が時を隔てて、マリアの身に成就する。
 年若く、ごく平凡な女性だったマリアが、この知らせを天使に告げられた時には驚愕したはずだ。しかし彼女は「お言葉どおり、この身になりますように」(ルカ1:38)と答え、その一切を冷静に受け容れたのである。神にすべてをお委ねする姿勢がここにある。
 この「受胎告知」の物語は、マリアに起こったことだけを意味するのではない。イエスを御子キリストと信じる者は、自分の体に聖霊を、神の力を、神の御子を宿す者となり、神のご計画をその身に引き受けるのである。すなわち、それは私たち自身の事柄でもあるのだ。勿論、そこには困難もあり、理不尽なこともあるだろう。しかし、それは何にもまさる「神共にある」インマヌエルの恵みなのである。
 「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる」(マタイ福音書1:22、イザヤ書7:14参照)。
[PR]
by aslan-simba | 2013-12-19 20:44 | Comments(0)

Merry Christmas 2013



★桃山栄光教会のクリスマスご案内:


12月22 日(日)午前10:30~11:30 クリスマス礼拝
           午後11:40~1:30 クリスマスのお祝い会。
12月24日(火)クリスマス・イブ
          午後7:00~8:00 キャンドル・サービス

今年のクリスマスは桃山栄光教会にお立ち寄りください。きっと良いことがあると思います。
[PR]
by aslan-simba | 2013-12-14 18:00 | Comments(0)

銀杏の木に思う

  宇治百選の名木、新田駅前の銀杏の大木が、色づいた葉を落していた。樹齢二百年にも及ぶその姿は金色に輝き、まさに壮観の一言。そして足下に拡がる落ち葉は、柔らかな冬の日差しを浴び、黄金色の光を放っている。そういえば、去年も今頃、この木について記した。あれから一年、月日の巡りの早さをあらためて思う。
  ヨブ記の言葉が脳裏を走る。「木には望みがある。たとい切られてもまた芽をだし、その若枝は絶えることがない。たといその根が地の中に老い、その幹が土の中に枯れても、なお水の潤いにあえば芽をふき、若木のように枝を出す」(ヨブ記14:7―9口語訳)。
  葉を落とした木の枝は、春になると芽吹く。その姿に、私たちは一年の歩みと共に、人生のライフ・サイクルを見るのである。
  春先、誕生の時。やがて、爽やかな新緑の「目に青葉」の頃を迎え、八月のまばゆい太陽の下、青々と繁る。青年期から壮年期の姿だ。 そして秋、風の音に物寂しさを感じる季節、木々の葉があでやかに色づき、それが日々「深み」と「重厚さ」を帯びてくる。人生にたとえれば、壮年期から老年期だろう。若い頃とは違った円熟の美が、そこに醸し出される。
  よく言われることだが、「青年期が朝日であれば、壮年期から老年期は夕日」である。夕焼けで赤く染まった空には、おだやかな優しさと、心休まる暖かさが湛えられている。しかし直に、その太陽は山の彼方へ沈んで行く。ちょうど銀杏の葉や紅葉が枝から離れて大地に帰って往く時が来るように・・・。
  それから迎えるのが冬。ならば、冬がすべての終着点ということか。否、その冬にクリスマスが訪れることを覚えたい。それは「闇の中に輝く光」「希望」の到来を示すのである。
  「・・・深い闇の中 夜明け近づく。過ぎ去った時が 未来を拓く・・・いのちの終わりは いのちの始め。おそれは信仰に、死は復活に、ついに変えられる 永遠の朝・・・」(讃美歌21  575参照)。
  すっかり葉を落とした銀杏の大木を見上げながら、御子の誕生と復活の春、そして永遠の命に思いを馳せる。


☆12月15日説教「主の道を」要約:
「わたしは荒れ野で叫ぶ声である。『主の道をまっすぐにせよ』と」(ヨハネによる福音書1:23)
 この聖句は、旧約聖書イザヤ書40章3節の引用。それを用いてヨハネは、自らを「声」としてメッセージを伝える。そもそもイザヤ書の「主の道をまっすぐにせよ」は、罪の赦しの預言だった。つまり「声」は我々に「罪の赦しを受け容れる準備をせよ」と促すのである。
 今、あらためて神の御前にへりくだり、罪赦され、生かされる幸いに思いを馳せたいキリストと共に歩める日々に感謝して。
[PR]
by aslan-simba | 2013-12-12 21:35 | Comments(0)

おかげさま

 先日ネットで、こんな詩を見つけました。「・・・昔の人情がなつかしい/衣食住は 昔に比べりや天国だが 上ばかりみて 不平不満の明けくれ/隣りをながめて 愚痴ばかり  どうして自分を みつめないのか/静かに 考えてみるがよい  一体 自分とは何なのか/親のおかげ 先生のおかげ  世間さまのおかげの塊が自分ではないのか/つまらぬ自我妄執をすてて  得手勝手をつつしんだら/世の中はきっと明るくなるだろう  おれが おれがを捨てて/おかげ おかげでと暮したい  おれが おれがを捨てて/おかげ おかげでと暮したい」。
 おかげ(御陰)、という言葉には必ず、「自分以外の何者かによって、幸いをいただいている」という意味が含まれます。ものの本によりますと、この「陰」とは本来は、神仏を指すものだったそうです。その「陰」の前後に「御」と「様」をつけて、一層の感謝の思いを表現するのが「御蔭様」の元々の意味だそうです。従って、「おかげさま」は私たちにとっては、神さまから頂く「ご恩寵」「御恵み」ということになるでしょう。
 紅葉が最後の輝きを見せるこの時節に、私は一つ年齢を増し加えることが許されました。感謝しつつ、あらためて「おかげさま」の思いに満たされます。これまでの人生、色々なことがありました。今日まで、本当に多くの方々、そしてさまざまな物事との出会いが与えられました。また美しい日本の四季の自然の中で、元気に生かされてまいりました。これからも色々なことがあると思いますが、「おれが おれがを捨てて おかげ おかげでと暮らしたい」と願います。
 今、待降節の聖句が心に響きます。「『見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。 その名はインマヌエルと呼ばれる』この名は、『神は我々と共におられる』という意味である」(マタイ福音書1:23)。と。 インマヌエルの歩み、神共にある人生は、何歳になっても、どこまでも喜びがあります。夢があります。そして確かな希望があります。主に在って「おかげさま」と言える人生には、孤独はありません。


☆12月8日説教「ここに愛がある」要約:
 「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります」(ヨハネの手紙一4:10)
 上述の聖句とパウロのコリントⅠ13章には、「神の愛」の意味が凝縮されている。「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みをいだかない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える・・・」と。この愛に生かされて在ること、感謝。
[PR]
by aslan-simba | 2013-12-05 22:14 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31