これでよし

木々の梢もだいぶ黄色みをおび、秋の深まりを感じる頃となった。この一年もあと二カ月ほどで終わって行く。待降節(アドヴェント)から始まった教会暦は、最後の時期(古い教会暦では終末節)に入ろうとしている。まさに「終わりの時」―それを個人の事柄に置きかえるなら地上の生涯の最後―に思いを馳せる時なのである。 よく、人は自分の生涯の終りの時、死の間際に、自分の人生のはじめから終りに至るまでを、走馬灯の如くに一瞬の間に垣間見ると言われる。私たちは、そこに何を見るだろうか・・・その映し出される姿は、私たちが今、自分の人生をどういう風に考え、毎日の生活をどんな思いで過ごしているかということと、深く関係しているものと思われる。また、それを言葉で言い表したら、どのような表現になるだろうか。 ドイツの哲学者カントは、その八十年の生涯を終える時「Es ist gut.(エス・イスト・グート・これでよし)」と言って亡くなったと伝えられる。それは、日々、几帳面に研究を重ね、自らの哲学の完成をもって、この世の最後を迎えることの出来た偉大な哲学者の、充足感に溢れる言葉である。そこまでの業績は、我々には残せないかも知れない。しかしカントと同じように一日一日を大切に生きることは出来るはずだ。 私たちに残されたこの世の日々はまだまだある。しかも、私たちは地上の生涯の彼方に帰るべき素晴らしい所があるのを知っている。益々の平安のうちに、この人生の秋を存分に味わいながら、感謝と祈りをもって、日々大切に歩み続けて行こうではないか。


☆10月30日説教「モーセの祈り」要約:
主は言われた。わたしは、エジプトにいるわたしの民の苦しみをつぶさに見、追い使う者のゆえに叫ぶ彼らの叫び声を聞き、その痛みを知った。それゆえわたしは降って行き、彼らを救い出す」(出エジプト記3:7-8参照)。
神は、私たちの苦しみを知り、祈りを聞かれ、そして、私たちの元に来られ、私たちを救われる。私たちはこの生ける神の御言葉に従うのです。神さまは私たちを巻き込み、救いの歴史を進めておられます。どこまでも信じて行こうではありませんか。神さまはこう約束されます。「わたしは必ずあなたと共にいる。このことこそ、わたしがあなたを遣わすしるしである」(12節)。安んじてこの世へ遣わされてまいりましょう。
[PR]
by aslan-simba | 2011-10-26 13:09 | Comments(0)

今、幸せですか

先日、ヒマラヤの小さな国・ブータンの国王が結婚された。この国にはGNP(国民総生産)ならぬGNH(国民総幸福量)が国家の大事な指数として掲げられており、国民の9割以上が「幸せ」を感じているという。翻って、私たちはどうだろうか。「今、あなたは幸せですか」と尋ねられたら、どう答えるだろう・・・総論的には「まあまあ幸せ」、ただ具体的な生活においては「色々と不安や悩みあり」というのが実態ではないだろうか。 主イエスは山上の説教で「幸せ」について語られている(マタイ5:3-11、「八至福の教え」参照)。そこから示されるのは、たとえ現実にどんなに苦しみや悲しみを抱えていようとも、また時に、つまらない失敗やあきらめ、失望を繰り返すことがあっても、私たちは幸せに生きられるということである。すなわち、私たちは主の祝福の下、神さまの栄光を現わす幸せな人間として、今ここに、こうして生かされているのである。主イエスがこの教えで、まず「ただただ神さまにのみより頼んで生きて行く人は幸いだ」と言われていることを、心に留めたい(マタイ5:3「心の貧しい人は幸いである」の意訳)。だから私たちはもっと委ね、もっと心にゆとりをもって、イエスさまの眼差しを覚えつつ、はるか彼方、永遠の御国へ思いを注ぎながら生きようではないか。「今、幸せですか」・・・「はい、何も持たないけれど幸せです」「はい、悩みがありますが、幸せです」「はい、病気ですが、それでも幸せです」。そのように笑みをもって応えられる生き方へと、主は私たちを招いて下さっているのです。感謝


☆10月23日説教「主のぶどう畑」要約:
「その日には見事なぶどう畑について喜び歌え」(イザヤ27:1)
「見事なぶどう畑」、枝を思いきり四方に伸ばしたぶどうが、丘一面に広がる光景を想像してみてください。神さまは信仰者の群れをご覧になって、そのような光景と重ねて、語られるのです。「主であるわたしはその番人。常に水を注ぎ、害する者の無いよう、夜も昼もそれを見守る」(3節)と。勤勉で愛情の深い農夫として、神さまは私たちを守り育ててくださる。そのような神さまの慈愛の眼差しが、御言葉から伝わってまいります。神さまはまた、ぶどう畑を侵す虚無と混沌の化身、レビアタン(リヴァイアサン)から私たちを救い出してくださいます。主の御守りの下、歩めるこの人生、大切にしたいです。
[PR]
by aslan-simba | 2011-10-17 21:19 | Comments(0)

なるようになる

京田辺市に、あのトンチの一休さんの寺がある。一度、立ち寄ってみたいと思いつつもまだ行けていない。ところでこの一休和尚、亡くなる前に「将来、この寺に問題が起こった時に開け」と、遺言書の入った箱を残したという。弟子たちは、師の言葉を守り、容易に開かなかった。その箱が開かれたのは、彼の死後100年も後のことだった。何か問題が起こったのだろう。門弟たちが、開いた箱の中の遺言状には、こう書かれていた。「なるようになる 心配するな」と。これが実話かどうかは定かではないが、「なるようになる」・・・実に良い言葉だ(「なるようにしかならない」ではない)。「人間の混乱と神の摂理」(Humane confusion, divine providence!)という神学の表現が脳裏をよぎる。 ちなみに摂理とは、「キリスト教で、創造主である神の、宇宙と歴史に対する永遠の計画・配慮のこと。神はこれによって被造物をそれぞれの目標に導く」ということ。運命論ではない。ご計画をなす神がおられ、そのご計画のなかに私たちも置かれているということだ。それが人間の混乱を超えるのである。 使徒パウロは言う。「神を愛する者たち、つまりご計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています」(ローマ8:28)。 ならば、大変な問題の渦中にあっても、そこにもなお神の恵みがあり、隠された救いがあるということではないだろうか。私たちのために心砕かれる神のご配慮にどこまでも期待してよいのである。「主に在ってなるようになる」、そう!「すべてが益になる」。困難や悲しみの日も、これを信じ、感謝し、祈り続けたい。


☆10月16日説教「遣わされて」要約:
教会生活、信仰生活をおくることは、「神に遣わされたもの」として生きることを意味します。週の初めの礼拝、私たちは祝祷に与って、それぞれの場所に送り出されて行きます。それは主イエス・キリストによって、この世の中へと遣わされて行くことなのです。 「行きなさい。わたしがあなたがたを遣わす」(ルカ10:3)。まず、この主の御言葉を自分に語られたものとしてしっかりと捉えましょう。それは遣わされてゆく私たちの力となります。なぜなら、ここには主の赦しがあるからです。赦しなしに、また信頼なしに、誰も選ばれて、遣われるようなことはありません。私たちは確かに主の赦しを受け、主の信頼に与っているのです。何と有難いことではないでしょうか。
[PR]
by aslan-simba | 2011-10-14 14:39 | Comments(0)

四面楚歌(しめんそか)・・・舞台は紀元前三世紀、漢の国と天下の覇を競う楚の国王、項羽(こうう)は漢の策略によって追い詰められ、漢軍に取り囲まれてしまった。夜更けには、四方の漢軍の中から楚の国の歌がしめやかに聞こえてくる。項羽は自国、楚の人々が漢に囚われて、嘆いているものと思い、深く絶望したのである。この故事から「周囲を敵に囲まれる」ことを四面楚歌と言うようになったそうだ。 四方八方、前後左右を見ても先が見えず、ただただ困惑と悲哀に陥るようなことは、私たちにもあるのではないか。そのようなときには、天を見上げ、心より祈り求めよう。そうすれば、響き渡る神の御言葉が必ずや聞こえてくると思う。・・・「起きよ、光を放て。あなたを照らす光は昇り 主の栄光はあなたの上に輝く」(イザヤ60:1)と。だからこそ、凄まじい困難のなかを、最後までキリスト信仰に生きた使徒パウロは言うのである。「わたしたちは、四方から苦しめられても行き詰まらず、途方に暮れても失望せず、虐げられても見捨てられてず、打ち倒されても滅ぼされない」(コリント二4:8―9)と。 「起きよ」・・・それは現実のなかに確かな命と希望があることを示す。今が終わりではない。ここが始まりである。ある未亡人の死んだ息子に対し、主イエス・キリストは、「若者よ、起きよ」(ルカ17:11参照)と呼びかけ、甦らされた。呻吟する私たちにも、共にある主イエスは今、御声をかけて下さっている。「起きよ」と。それに応えて、雄々しく立ち上がり、歩み出そうではないか。


☆10月9日説教「今を生きる」要約:
「御旨を行うすべを教えてください。あなたはわたしの神。恵み深いあなたの霊によって 安らかな地に導いてください。主よ、御名のゆえに、わたしに命を得させ 恵みの御業によって わたしの魂を災いから引き出して下さい。あなたの慈しみのゆえに、敵を絶やしてください。」(詩編143:10―12)。 
この世の悪は最後には必ず神によって倒されます。しかし神を信頼し、誠実に生きる者は、決して倒れることはありません。主の復活の恵みによって起き上がり、御救いのうちに入れらるのです。今、御旨をたずね求め、真摯に歩もうではありませんか。感謝
[PR]
by aslan-simba | 2011-10-04 07:04 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31