かつての日本人を憶えて

ふと心に軽快なメロディーが甦る。何年前だっただろうか、ラジオ番組で紹介されていたイギリスのポップスの名曲だ。それは「忙しい仕事で働き疲れる毎日、そんなときにあの心根の優しい人たちが住む小さな街を思う。またあの懐かしい街に行き、力を頂き、もう一度頑張ろう・・・」といった内容の心温まる歌だった。残念なことに、その曲名=街名「○○○」、歌手名、興味深かった歌詞の英語表現などは失念した(もし、知っている人がいたら教えて下さい)。 そんな歌を思い起したのは、先日、『逝きし世の面影』(渡辺京二・平凡社ライブラリー)という本を読んだゆえである。在野の歴史評論家が記したこの書には、幕末から明治初期にかけての数多くの来日西欧人の日本評が丁寧に整理され、まとめられていた。そこから浮かび上がってくるのは優しさと思いやりをもち、明るく礼儀正しい当時の日本人の姿である。豊かではなかったが幸せに生きる日本の人々に接し、彼ら「異邦人」は、新鮮な驚きと励ましを受けたという。もちろん、そこに西欧人特有のジャポニスムといったエキゾチックなものへの憧憬、オリエンタリズムという差別的な視座も見えないわけではない。ただ、それを差し引いても余りあるというのである。もっとも、そのような日本人の在り方は、明治の近代化の中で「文明」として滅びたと著者は書く。 しかし、そのなごりが僅かでも、私たちのDNAのなかに残っているかもしれない。そして、もしかしたらあの歌の「○○○」とは、私たちの国、私たちの街、私たちの教会、さらには私たち自身に根づく信仰心だ・・・と信じたい。先人たちのことも憶えつつ、日本人としてキリスト教を奉じる者として召された重み、その幸いと感謝を心に刻みたい・・・

9/25追記:言うまでもありませんが、それは決して周辺のならず者国家の言うなりになることを意味しているのではありません。私たちは伝統に誇りをもって凛として生きるべきです。現在、日本人として恥ずべき人々が、政治の中枢にいることは嘆かわしいかぎりです。


☆9月26日の説教要約:
イエスは・・・弟子たちに、『人々は、私の事を何者だと言っているのか』と言われた・・・。そこでイエスがお尋ねになった。『それでは、あなたがたはわたしを何者と言うのか。』」(マルコによる福音書8:27-29参照)
私たち一人一人も、主イエスから「あなたは私を誰と言うのか」と問われています。私たちは自分自身の人生の歩みにおいて、それに対する誠実な答えを出さねばなりません。誰かに答えを求めるのではない。既成の答えを述べても意味はなさない。自分自身が共にある主に直面しているのです。聖書は私たちを決して傍観者の立場には置きません。信仰の目を研ぎ澄まして主を見つめ、自分なりの答えを出しましょう。主は必ずや、それを嘉せられます。
[PR]
by aslan-simba | 2010-09-20 19:51 | Comments(0)

おはぎの記憶

暑く長い夏が過ぎた。夜は鈴虫の音色を楽しみながら眠りにつき、朝はひんやりとした大気の中で目覚める。昼の日差しはなお夏の余韻を残すものの、秋は確かにここに来ている。 外出して歩くのが楽しくなった。今日たまたま立ち寄ったスーパーの食品売り場に、「おはぎ」がたくさん並んでいるのを見て、子供の頃に祖母や母が作ってくれたその甘すぎる味を懐かしく思い出した。甘いものが本当に嬉しかった時代、日本の高度成長が始まる頃だった。記憶は、生まれ育った東京の小さな街と、その頃の秋の日の光景へと進んだ。そして、そこで暮らしていた自分たちの生活、友達や近所の人々の姿も次々と脳裏に立ち現れてきた。何か「三丁目の夕日」の物語のように。あの人たちはどうしているだろうか?もう半世紀も前のこと、街も変わり、大半の人々が他界しているのは分かっているのだが・・・この優しい季節が、昔のことや亡くなった人たちを思い起こさせてくれるのだろうか。気のせいか、眼前の初秋の模様が、子供の頃に見た景色のように映じている。 こんな一文を読んだことがある。「生者だけが物理的に風景を認識するのではない。その風景を同時に死者が見ている、そういう死者の魂との行き交いがあって、初めてこの日本という国土、文化、伝統が成立している」(江藤淳)。その生者と死者を結ぶのが、私たちにとってはキリストではないだろうか。 秋のお彼岸も間近・・・今、この季節、この自然の中で、この地に生かされる主の恵みと憐れみをあらためて覚える。感謝。


☆9月19日の説教要約:
「現在の苦しみは、将来わたしたちに現わされるはずの栄光に比べると、取るに足らないとわたしは思います」(ローマの信徒への手紙8:18)
私たちの「現在の苦しみ」はキリストの十字架のおかげで、すでに「取るに足りない」ものへと変えられています。さらに将来において、私たちの上に「栄光」が現わされる約束も与えられているのです。この栄光とは、もちろん「神の栄光」・・・「キリストによる神の栄光」のことです。つまり、今、キリストと共に悩み、苦しみに与っているものは、将来、必ずやその神の栄光の内に入れられるのです。私たちの人生において、この御言葉はしっかりと位置を占めているでしょうか。そうであるなら、この先、何がこの身に起ころうとも、恐れることはないはずです。
[PR]
by aslan-simba | 2010-09-16 20:19 | Comments(0)

信仰とは何だろうか。「神を信じるが、悲しみや苦しみ、不安は尽きない」、そんな訴えを最近、幾度か耳にした。新たな問題ではないが、時代の閉塞感、不透明感もこれに拍車をかけている。確かに明日を考える時に、悲嘆や苦悩はともかく、漠たる不安におそわれることは私にもある。ただ、そういった経験を踏まえてこそ、私たちは祈りに導かれ、生きる「勇気」を信仰から頂くのではないだろうか。 先日、こんな文章に出合った。「悲しみや苦しみの中から 信仰が生まれてくるかもしれないが 信仰のゆきつくところは喜びである どんなに悲しいことがあっても どんなに苦しいことが起こっても それを喜びに変えてゆくのが ほんとうの信仰であり信心である どうして自分だけが こんなにつらい目に会うのであろうか そういう心がいつも どこかにあって信仰している人があったら それは、まだ本ものでもなく また本当に仏さまの心が わかっていないのである」(坂村真民「タンポポの本」より)。聖書も同じことを告げる。「主において常に喜びなさい・・・どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば・・・神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう」(フィリピ4:4-7参照)。 もっと信じ、もっと希望を持ち、そしてもっともっと喜んで歩みたい。「たといわれ死の陰の谷をあゆむとも、わざわいをおそれじ、なんじ我と共にいませばなり」(詩篇23::4)の御言葉をこの身にしっかりと刻みつけて・・・感謝。


☆9月12日の説教要約:
「イエス此虚より進みて、マタイといふ人の収税所に座したるを見て『我に従へ』と言ひ給へば立ちて従へり」(マタイによる福音書 文語訳9:9)
「われに従え」・・・主イエスは元気な働き人だけを召されるのではありません。疲労し、疲れて座り込んでいる人々、あるいはこの世の人生を直に終えようとしている人たちにも、「わたしに従いなさい」と召してくださるのです。主は、私たち一人一人のあらゆる状況を御存じです。それを踏まえて御声をかけてくださっているのです。「われに従え」・・・と。だから私たちも、ここで元気を頂いて、立ち上がり、安心して主に従い行こうではありませんか。いつまでも残暑に負けているわけにはまいりません。
[PR]
by aslan-simba | 2010-09-07 20:18 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30