<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

言霊(ことだま)

「良い言葉で人は癒され、生かされる」・・・本当にそうだと思う。 言葉には、本来、不思議な力がある。古代ギリシアではその言葉を「ロゴス」と称し、学問とは「ロゴス(言葉)」を学ぶことだった。日本にも古来、「言霊(ことだま)」という表現があった。万葉の詩人たちは、「言霊の幸(さき)はふ国」と詠った。つまり、「言葉の力で人に幸せをもたらす国」として、彼らは私たちの国を称えたのである。 現在、その言霊はどこに行ってしまったのだろうか。情報が氾濫し、垂れ流される言葉・・・無批判にそれらを信用することはできない。そこに「偽りの言葉」、「むなしい言葉」が満ちているのが現実だろう。本当に聞くべきものの識別を私たちはまず、なさねばならないのである。 ふと、申命記に記された「モーセの最後の勧告」を思い起こした。「あなたたちは、今日わたしがあなたたちに対して証言するすべての言葉を心に留めなさい。それは、あなたたちにとって決してむなしい言葉ではなく、あなたたちの命である」(申命記32:46-47参照)。そうだ!この時代にあっても、私たちは、「いのちの言葉」に与っている事実を忘れてはならないはずだ。心を静め、魂を静めて、御言葉から聞くことを、もっと大切にせねばならない。そして、自らが日々「良い言葉」を語ることに心を砕き、全幅の信頼をもって神への祈りの言葉を捧げようではないか。 いつの日か、この国、この世界が真に「言霊」の成る「神の国」、「神の世界」となることを待ち望みながら・・・。そして、今、主のこの御言葉を共々に心に刻んでおきたい。「わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものは何でも願いなさい。そうすればかなえられる」(ヨハネ15:7)。


☆1月31日の説教要約:
「イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。お前たちの道と行いを正せ。そうすれば、私はお前たちをこの所に住まわせる。主の神殿、主の神殿、主の神殿という、むなしい言葉に依り頼んではならない」(エレミヤ書7:3-4)。
「真実の拠り所」、「神の家」、「教会」にとって大切なのは、一時の熱狂でも思い込みでも、イデオロギーでもなく、神さまとの正しい礼拝関係が本当にあるということです。それによって、私たちは神さまに本気で委ねられ、真の平安と生きる力とを頂くことができるからです。今、この「拠り所」にある私たちに神さまは言われます。「わたしは疲れた魂を潤し、衰えた魂に力を満たす」(エレミヤ書31:25)と。感謝。
[PR]
by aslan-simba | 2010-01-27 18:10 | Comments(0)

光あれ!

暗い冬の日の昼下がり、垂れ込めた鉛色の雲を見つめていると、先行きの見えない時代の現実と重なる。私たちの世界、また人生の日々には、そのような時もあるのだろう。ただ忘れたくないのは、やがてそこにも神の「光」が必ず射し込んでくるということである。 「光あれ」・・・創世記一章が記す「地は混沌であって、闇が深淵の表にあり」の状態は、原初の宇宙を描いた太古の神話であると同時に、「今」の世界と人間の心の有り様がまさに反映されているようだ。神はそこに、「光あれ」という言葉を発せられた。それに従って、一筋の光が闇の中を走ったのである。この「光」の力に思いを馳せたい。 「光」は「いのち」あるものを、まず自らの方向へと向けさせる。それは、日陰に生える植物を想像すれば分かるだろう。さらに、光に照らされると部屋の塵や埃も見えるように、私たちのあり姿を示し、私たちの実相を教えてくれる。また、光がなければ、いかに手入れし栄養を与えようとも、「いのち」は育たないのである。 聖書は具体的に「まことの神の光」としてのイエス・キリストを私たちに示している(ヨハネ1:9)。今、この「光」が私たちに新たに示された。この光は、私たちの心を神の御国へと向けさせ、内なる罪からの悔い改めを促し、永遠のいのちに生きるものとして育ててくださるのである。この「まことの光」を知らされ、それに与って生きるように導かれている幸いに感謝したい。そこに大いなる希望がある。人生のまだある日々を、共々に「光の子として」、雄々しく歩み行こうではないか(エフェソ5:8参照)。


☆1月24日の説教要約:
「あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか」(ルカによる福音書15:4)
主が語られる「その一匹が自分だ」と信仰をもって知るときに、私たちは心の内に感謝の思いが込みあげてまいります。さらにそこから、「その一匹はまたあなたである」ということも示されるはずです。私たちは共々に、主イエス・キリストによって、無条件に許され、捜し出され、そして、見出されているのです。そこに「共に喜ぶ」私たち一人一人があります。また、共に喜ぶ教会というものがあるのです。そこに加えられている自分・・・本当に有難いことです。
[PR]
by aslan-simba | 2010-01-22 09:37 | Comments(0)

二度とない人生だから

寒い日が続く。この冬一番の冷え込みといわれる日、その暗い夜明けに、あの冷たい一月の朝の記憶が鮮明によみがえる。あれから十五年も経ってしまったのか。今年も1月17日の震災記念日がめぐってくる。亡くなられた方々とそのご遺族、そしてさまざまな形で今も後遺症に苦しまれる方々のことを心に刻みたい。「慰めよ、わたしの民を慰めよと あなたたちの神は言われる」(イザヤ40:1)。 私たちもあの頃、阪神間に住んでいた。家が壊れ、住む町が崩れたあの日、自分自身が死んでいても不思議ではなかった。だからこそなお一層、懸命に今を生きねばならないと思わされる。そんな自分の思いに坂村真民の詩の言葉が共振する。 「二度とない人生だから 一輪の花にも無限の愛をそそいてゆこう 一羽の鳥の声にも無心に耳をかたむけてゆこう  二度とない人生だから 一匹のこおろぎでもふみころさないように こころしてゆこう どんなにかよろこぶことだろう  二度とない人生だから まず一番身近なものたちに できるだけのことをしよう 貧しいけれどこころ豊かに接してゆこう  二度とない人生だから つゆくさのつゆにも めぐりあいのふしぎを思い 足をとどめてみつめてゆこう  二度とない人生だから のぼる日 しずむ日 まるい月 かけてゆく月 四季それぞれの星々の光にふれて わがこころをあらいきよめてゆこう  二度とない人生だから 戦争のない世の実現に努力し そういう詩を一遍でも多く作ってゆこう わたしが死んだら後をついでくれる若い人たちのために この大願を書きつづけてゆこう」(二度とない人生だから)。


☆1月17日の説教の要約:
「だから目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないのだから」(マタイによる福音書25:13)
「テクノロジー社会」(IT社会の未来)を記したある米国の社会学者が、私たちの人生の問題を最終的に解決する最後の知恵は、科学技術やコンピュータではなく、「スピリチュアリティ(霊性)」だ、と言いました。至言です。ちなみに、今日の主の御言葉は、まさにそのことが指摘されているのです。ならば、「スピリチュアリティ(霊性)」とは何なのでしょうか。端的に言えば、それはキリストの霊、聖霊のことなのです。この聖霊の力に与ってこそ、私たちは主イエス・キリストを「愛し」、キリストに「生きる」ことができるのです。聖霊は私たちを生かし、大きな力を下さいます。今、聖霊に与っている意味…感謝をもってご自分を振り返って下さい。
[PR]
by aslan-simba | 2010-01-15 18:34 | Comments(0)

一日一生

夜明け前の書斎で、新たなカレンダーそして真新しい手帳に予定を書き込む。具体的な日々の積み重ねをもって生かされていることに、あらためて気づく。この積み重ねの集約が一年となり、ひいては、地上における生涯の日々の記録となって行くのであろう。一日というものの大切さを今更ながら思わされる。 「一日一生」という言葉がある。人は、一日の朝から晩に至る時の推移のなかに、人生のそれぞれの時期をなぞることができるからだ。また、そこに「今日」を生きることの重さと大きさをも覚える。内村鑑三は、「一日は貴い一生である、これを空費してはならない」と記している(『一日一生』より)。至言である。それは、肩に力を入れ、しかつめらしい顔をして今日一日を過ごせということではない。聖書の告げるところは、むしろ逆である。 詩編の詩人はこう詠い、祈っている。「今日こそ主の御業の日。今日を喜び祝い、喜び踊ろう。どうか主よ、私たちに救いを。どうか主よ、わたしたちに栄えを」(詩編118:24-25)。また、使徒パウロは高いトーンをもって「見よ、今は恵みの時、見よ、今は救いの日」(コリントⅡ6:2口語訳参照)と喜びを記す。私たちは、今日という「今」を明るく、伸びやかに、かつ懸命に生きられるのである。 外に出る。東の空がほのかに明るみを帯びて来た。新たな朝が到来する。今日という一生を精いっぱいに生きるようにと、今日の自分がここに生れる。恵みと救いの中にある今日という一生、どんな起伏があろうとも笑顔を絶やさず、元気で頑張れますように…心の願いは祈りへと変わって行く。感謝


☆1月10日の説教要約:
「あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです。…キリストを着ているからです。…あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです」(ガラテヤの信徒への手紙3:26-28参照)
教会生活は、私たち一人一人が本気で「キリストを着る」ことで、いきいきとしたものに変えられます。また、「キリストを着る」ことによって、私たち自身の新たな人生の可能性も拓けて来るのです。文字通り「神の愛」に生きることができます。「キリストを着る」、それはまた、厳しい試練から身を守る上着でもあり、さらには深い傷を癒す包帯にも喩えられるでしょう。日々の生活に疲れきった時、病の辛さに耐えられなくなるとき、「今、自分はキリストを着せて頂いている」という恵みと救いを思い起こして下さい。
[PR]
by aslan-simba | 2010-01-08 14:25 | Comments(0)

千里の志

「男児志を決して千里に馳す。自ら苦辛を嘗(な)む。豈(あに)家を思わんや。却(かえ)って笑う春風雨を吹くの夜。枕頭(ちんとう)尚夢む故郷の花」(原文は漢詩)。 時は幕末、二十一歳の武家の青年が鎖国令を破り、海の向こうへと旅立った。この詩はその船上で詠われた。若き日の新島襄の決意がここに込められている。彼は米国に学び、牧師になり、十年後に帰国。伝道者、教育者として名をはすものの、その波乱万丈の生涯は四十六歳で閉じられた。 「人生は旅である」、言い古された表現ではあるが、自分たち自身の歩みを顧てもその通り実感させられる。だからだろうか、聖書にも旅、そして旅人たちの物語が数多く描かれている。その最初がアブラハムの旅・・・彼は「わたしが示す地に行きなさい」という神の声に聞き従い、一族郎党を引き連れて旅立った。その時の年齢は、「七十五歳だった」(創世記12:4)と聖書は記す。そこに誇張があるかも知れないが、彼の旅立ちが中年期を過ぎてからのものだったことは間違いないだろう。旅立ちは若者だけの特権ではない。人は幾つになっても、人生の新たな挑戦に立ち向かって行くことができるのである。もちろん旅の途上、人は様々な困難に遭遇し、また失敗もする。だが、ひたすら神を信頼して祈りつつ歩むのである。アブラハムが最終的に目指していたのは「天の故郷」だったと聖書はいう(ヘブライ11:16参照)。新島の究極の「故郷の花」もそこにあったはずだ。 新しい年、私たちにとっての新たな出発もここに始まった。願わくは「千里の志」を抱いて、神さまが示す地を目指して旅立ちたい。心を高くあげ、希望に胸をふくらませて。

☆今年もよろしくお願い申し上げます。平安で恵まれたひととせでありますように。The best of everything in 2010!

★1月3日 桃山栄光教会創立十二周年記念新年礼拝の説教要約:
「キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた」(コリントの信徒への手紙二5:17)
原語では、「新しいものが生じた」という言葉の前に、「見よ」という一言が付されています。「見よ、新しいものが生じた」なのです。この「見よ」、訳出すべき大事な言葉だと思います。それは心からの喜びを示す信仰表現だからです。主イエス・キリストの十字架によって、本当に新しくされ、救われた・・・その跳びあがらんばかりの喜びが「見よ」に込められているのです。私たち自身も、その御言葉が示している喜びを本当に自分自身のものにしようではありませんか。
[PR]
by aslan-simba | 2010-01-01 09:50 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31