いのちの息吹

「主なる神は、土の塵で人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた」(創世記2:7)。人は、神さまの<いのち>を内にもつものとして造られ、生かされている。そこに神に由来する人間のいのちの尊厳と、かけがえのなさの根拠がある。一緒に歩く犬たちがいう、動物たちも同じく、「神の命の息吹」に生かされていると。本当だ(創世記7:22-23参照)。 この「神の命の息吹」、狭義には「聖霊」を指す。しかし、「スピリチュアリティ」(霊性)という言葉の出所もここにあるように、諸宗教に共通する深い宗教性の意味が「神の命の息吹」にある。 日本仏教の特徴とされる「一切衆生悉有仏性」(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう=「生けるものすべて、仏と同じ悟りの本性をもつ」)という見方も、「神の命の息吹に生かされる私たち一人一人」の理解に近い。ここから、私たちの国の先達たちも同様に「いのちの尊厳」に、いかに心砕いていたかが分かる。 この「悉有仏性」を平易に言い換え、「人、皆に美しき種あり」とある人はいう。至言である。私たちはそれぞれに<いのちの種>を頂き、美しい魂の花を咲かせることができるのである。 「神の命の息吹」を自覚できる有り難さ、素晴らしさ、<いのちの種>の勿体なさ・・・に、あらためて気づかされ、心からの感謝をもって、今日の日も祈りつつ歩みたい。


☆5月31日ペンテコステ(聖霊降臨日)礼拝の説教要約:
「しばらくすると、世はもうわたしを見なくなる。わたしが生きているので、あなた方も生きることになる。かの日には、わたしが父の内におり、あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる」(ヨハネによる福音書14:19‐20)。
聖霊は主イエス・キリストを私たち自身の内へ運んでくださいます。十字架で命を捨てられたあの主が、聖霊の執り成しによって戻って来られたのです。私たちの内に住まわれ私たちを真実に生かしてくださるため・・・それがペンテコステの出来事なのです。感謝にたえません。主イエス・キリストが共にある。聖霊によって、今、共にあるのです。だから、私たちが死の床にあろうとも、絶望と疲労困憊の中に倒れこんでいようとも、これで終わるのではありません。内なる主イエスのいのちによって新たに生かされるのです。
ペンテコステおめでとうございます。感謝

★5月31日のペンテコステ礼拝に是非、お越し下さい。礼拝は午前10時30分から、一時間ほど終わります。お気軽にどうぞ。
[PR]
by aslan-simba | 2009-05-27 09:13 | Comments(0)

同志社大学の重要文化財「クラーク記念館」のチャペルで、本日、結婚式の司式をさせて頂きました。新型インフルエンザが喧伝される中、学校は休校中なのですが・・・御二人の愛の絆が事態を変えました。素晴しい希望あふれる理知的な新郎新婦、理想的なカップルです。同志社卒業の私からいえば、誇るべき良き後輩たちとなります。本当におめでとうございます。心より祝福をお祈り申し上げます。また奏楽をしてくださった同志社大学オルガニスト金由香先生にも心より感謝申し上げます。
同志社女子大学で若林の授業を受けている皆さん! これは忘れないでおきましょう。将来、結婚する時には同志社大学・クラーク館で挙げましょう。その折には間違いなく、「若林先生にお願いします」と言いましょう・・・今日のような最高の結婚式をうけおえれば、私も嬉しく感謝にたえません。


☆お願い:
ご感想、ご質問などがございましたら、自由にコメント下さいますように。但し以前と異なり、承認制になったので(文脈とはまったく関係のないへんてこなシモネタ・コメントのようなものは防げますが・・・)、掲載は多少遅れると思います。その点はご容赦くださいますように。
[PR]
by aslan-simba | 2009-05-24 17:32 | Comments(0)

リデンプション・ソング

五月も下旬、窓越しに感じる初夏の陽射しがまぶしい。雑然とした我が庵は、そろそろ南国の趣を呈しつつある。 久しぶりにラジオのスイッチを入れる。心地よいメロディーが耳に入ってきた。「リデンプション・ソング」(贖いの歌)。夭逝したジャマイカ歌手の歌声が切々と響く。 「一緒に歌ってくれませんか。自由の歌を。わたしはずっと歌ってきたのです。いくつもの贖いの歌を・・・」(Won’t you help to sing. These songs of freedom? ‘Cause all I have; Redemption songs; )。 その乗りの良いリズムと共に、印象的な歌詞内容・・・遠い昔、南国で平穏に暮らしていた人々が、奴隷船に売り渡されてしまったことを語り、さらには重苦しい状況に生きる現代人を勇気づける。正義の預言者がいつまで殺され続けるのか(マタイ23:27参照)、私たち自身が聖書の預言を成就しなければならない。「精神的な奴隷状態から、まずあなたたち自身が解放されなさい」(Emancipate yourselves from mental  slavery)と。そうだ、それによって贖い主の御救いがこの身に起こるのだ・・・この曲から出エジプトの御言葉が新たな感動をもって甦ってくる。「わたしは主である。わたしはエジプトの重労働の下からあなたたちを導き出し、奴隷の身分から救い出す。腕を伸ばし、大いなる審判によってあなたたちを贖う」(6:6)。 庵の窓を大きく開く。新たな季節の風が頬をなでていく。良き夏をここに迎えられそうだ。神さまは贖いの約束をされ、共にいて下さり、私たちを自由にして下さるのだから!


☆5月24日の説教要約:
「死の陰の谷を行くときも わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる・・・命のある限り 恵みと慈しみはいつもわたしを追う。主の家にわたしは帰り 生涯、そこにとどまるであろう」(詩編23:4‐6参照)
神さまのみ恵みと慈しみが共にあり、<永遠の命>の約束に生かされる。それが私たちの信仰の人生です。この世の「死の陰の谷」を行かねばならない時に、この事実を必ず思い起こしてください。 神さまは今日も、私たち自身の「魂」の杯を満たし、溢れさせて下さっております。感謝にたえません。ここに神さまの真実、神さまの愛があります。恐れずに立ち上がりましょう。
[PR]
by aslan-simba | 2009-05-22 13:48 | Comments(0)

初夏の隠元橋

家を出て三十分ほど宇治川沿いを歩くと、隠元橋(いんげんばし)に行きあたる。この橋は渡来僧・隠元禅師に由来する。 江戸時代の初期、日本の仏教界からの度重なる招請を受け、六十三歳で訪日を果たした隠元。長崎の唐人寺を住持した後、将軍・徳川家綱の信任も受け、山城国宇治に寺領を賜るはこびとなった。 隠元がこの地に降り立ったとき、自らの故里の風景を思い起こしたという。しかもそこに、東の山裾から二羽の鶴が舞い立つという瑞兆(ずいちょう)があったと伝えられる。彼は得度して以来、三十数年の関わりを持ち続けた故国の寺(福建省・黄檗山萬福寺)への思いも重ね、その東の山に同じ名の寺を開山した。 朝が明けやらぬ頃のこの辺り、見渡す宇治川の流れとその中州、そして遠い山々の景色は、まさに水墨画の世界を思わせる。 初夏の昼下がり、この地にさわやかな風が吹き抜けて行く。六年前、若い太陽と新緑の匂いにむせぶこの隠元橋の袂から、藤木兄の散骨を行った。その日のことが、昨日のように思い出される。さらに、その二年前には藤木姉の遺骨も、ここで川の流れに還している。 昨年春、隠元橋は四車線を有する大きな橋として新たに架け直され、道路脇には隠元禅師を記念する中国風の碑が立てられた。そこに隠元と二羽の鶴のことも記されている。見晴らしの良いこの橋の袂・・・桃山栄光教会の信仰の先輩ご夫妻も、ここから天へと飛び立った・・・「そうだ、ここは天の門だ」(創世記28:17)。合掌


☆5月17日の説教要約:
「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。もうその病気にかからず、元気に暮らしなさい」(マルコによる福音書5:34)
試練を受けない人生はないと言われます。しかし、越えることの出来ない困難、越えることのできない障害は、私たちの信仰生活において何一つありません。主イエスの愛と癒しの御力が、私たちのあらゆる人生の問題を解決させ、私たちを雄々しく生かしてくださるのです。主は今、私たちに言われます。「あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい」と。御言葉をこの身に感謝をもって受け、希望と喜び、そして平安のうちを歩んで行こうではありませんか。
[PR]
by aslan-simba | 2009-05-15 08:48 | Comments(0)

5月15日(金)午後7時より~ 優しいフルートの音色で、せわしない日々を送る私たちの疲れが必ずや癒されると思います。私たちの小さな教会で、こういったコンサートをもって頂けること、感謝にたえません。どうぞお越し下さい。演奏者の伊澤さんは、この道のプロです。フルートに興味ある方、きっとお役に立ちます。そうでない私たちも、良き週末のひと時をもてること、請け合います。
詳細は伊澤さんのブログ「フルート@いざぁりん@Wiki」(www1.atword.jp/izaarin/)で。
[PR]
by aslan-simba | 2009-05-10 21:14 | Comments(0)

知足者富

朝の白い光りのなかで、聖書に耳を傾ける。今日はフィリピの信徒への手紙。「わたしは、自分の置かれた境遇に満足することを習い覚えたのです・・・いついかなる場合にも対処する秘訣を授かっています」(4:11-12参照)。使徒パウロの言葉が心にしみいる。この手紙は、記された場所が迫害の中の暗い牢獄であった。それに思いを馳せれば、なおさらである。 不自由な抑圧的な環境の中にあっても、彼はどこまでも自由に生きていた。人が本当に自由にされ、救われるのは、周囲の状況を変える以前に、まずは自分が変わることだと、教えられる。そこから状況を変えてゆく力も授かるのではないだろうか。 そう言えば、老子の『道徳経』にも、このような言葉があった。「足るを知る者は富み、強(つと)めて行う者は志あり」(知足者富 強行者有志)、つまり「足るを知る人は、どのようなときも心豊かでいられ、たゆまず精進・努力を続ける人は、必ず願いを叶えることができる」という意味だろう。真摯に銘記したい。 なおパウロの方は更に言葉を加え、「わたしを強めてくださる方のお陰で、わたしにはすべてが可能です」(4:13)という。これを忘れてはならない。パウロを強めて下さった神さまの御力が、今、私たちを本当に強くし、立ち上がらせて下さるというのである。雄々しく、しかも安んじて歩んで行こうではないか。新緑の、木々の息づかいが間近に感じられる日々の中、主にあって救われ、自由にされた自分であることに感謝しつつ・・・


☆5月10日の説教要約:
「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、私を信じる者は決して渇くことがない」(ヨハネによる福音書6:35)
主イエス・キリストは、ご自身を「命のパン」として私たちにさし出されています。私たちは、そのキリストの<いのち>の内を生きることが出来るのです。この事実を感謝をもって心に刻みつけ、立ち上がって行きましょう。主イエスが共にある・・・いかなる現実にも負けない、どんな時にも勇気と喜びをもって歩める希望の根拠がここにあります。大丈夫、必ず道は拓けます。イエス様がそういっておられるのですから!


★5月15日(金)夜の7時から、伊澤隆志フルート・コンサートが桃山栄光教会で行われます。どうぞ、いらっしゃい。・・・できれば、その次は日曜の礼拝にも。
[PR]
by aslan-simba | 2009-05-06 21:38 | Comments(0)

Que sera sera

日々の散歩道。ここしばらく、私たちの目を楽しませてくれたツツジや藤の花が、今、盛りを過ぎようとしている。そして、眩いばかりの木々の季節となってきた。青葉、若葉の梢を吹き抜ける初夏の風が、新しい緑の香りを運んでくれる。風薫る季節の到来。 「南風の薫(くん)ずるや、以(も)って吾が民の慍(うらみ)をとく」と『史記』にあるそうだ(中島敦『弟子』参照)。ここで言われる「うらみ」とは、「怒り」のこと。すなわち、さわやかな五月の風は、私たちの心の内にある憤りを鎮め、浄化してくれるということだろう。本当にそうだ。明るい朝風に身を委ねるとき、誰もが己の不安や迷い、心の中のいらだちやわだかまりがすっきりと消えて行くのを感ずる。 今朝、ふと口をついたのは、遠い昔に耳にしたドリス・ディの「ケセラセラ」。子供の頃、日曜大工をしながら父が、鼻歌で口ずさんでいたのを思い出す。確かペギー葉山も歌っていたはずだ・・・「なるようになるさ。先のことなど分からない。分からない。なるようになるさ」(Que sera sera. Whatever will be, will be. The future is not ours to see. What will be, will be)と。 もっと肩の力を抜いて、気を楽にして行こう。「何事にも時があり、天の下の出来事にはすべて定められた時がある」(コヘレト3:1)。大丈夫、良き時がここに到来している。神さまが良きことを備えてくださっている。だから、この身をあずけて行こう。新たな季節、明るい太陽と薫風の下、ケセラセラと。主にあって必ず、なるようになる。間違いなく、良くなる!


☆3日の説教要旨: 
「わたしたちの愛する人たち・・・従順でいて恐れおののきつつ自分の救いを達成するように努めなさい。・・・何事も、不平や理屈を言わずに行いなさい」(フィリピの信徒への手紙2:12-14参照)
パウロの勧めに従い、自らの救いの達成のため、いっそうの精進を重ねたく願います。主のために自ら負うべき人生の重荷も、雄々しく引き受けましょう。従順に、不平をいわず・・・言いたい気持ちは分かりますが、一度、ぐっと飲み込んでみましょう。主は、私たちが生きるにも死ぬにも、どんな時にとらえていて下さっているのです。大丈夫、最後には必ず勝てます。
[PR]
by aslan-simba | 2009-05-01 18:51 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31