<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

レント(受難節)のとき、復活の春を待ち望みながら、じっと窓辺の景色を見つめる。外は、薄暗い灰色の空、冷たい雨が降り続く。ふと宮沢賢治の言葉が甦ってきた。「世界ぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」・・・。この言葉に思いが集中する。今の時代を背負いつつ生きているゆえか。宗教者・芸術家としての賢治は、そのような現実を踏まえつつも、頭をあげて前進した。そして、独自の透明で詩的かつ芸術的な宇宙を私たちに示してくれた。たとえば、イーハトーブという理想郷。彼は言う「われらは世界のまことの幸福を尋ねよう。求道(ぐどう)すでに道である」(『農民芸術概論綱要』)と。この言葉は、今の私たちに向けられた「未来」の希望のメッセージではないか。 桃の節句が近い。ひな祭りの菱餅の白緑赤の三色の意味は、「雪が溶け、草が芽生え、花咲く春到来の象徴である」と、誰かが言っていた。どこまでも「復活の春」(幸福なとき)さらには、私たち自身の「イーハトーブ」(=神の国)の到来を求め、祈り続けたい。

=3月1日の説教要旨=
そこでイエスがお尋ねになった。「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか」ペトロが答えた。「あなたは、メシアです」〈マルコによる福音書8章29節〉。
私たちはこの主イエスというお方に一対一で直面しています。「あなたはわたしを何者だと言うのか」・・・私たち一人ひとりにも、この問いが与えられているのです。それは主イエス・キリストからの問いです。誰かに代わって答えてもらうのではありません。既製の答えを持って来いというのではありません。他ならぬ自分自身が、自分の人生を通じ、自分の言葉で答えるように命じられているのです。真剣な祈りを通して主に対する信仰の眼(禅の言葉で言えば「一隻眼」)を開かれましょう。

今回は礼拝説教の簡単な要旨も載せてみました。コメントなどがありましたら、是非お寄せください。またお気軽に礼拝にお越し下さい。日曜日の午前10時半からです。
牧師: 若林 裕
[PR]
by aslan-simba | 2009-02-26 20:30 | Comments(0)

香光荘厳

日曜の午後、温かさにさそわれて、近所をゆっくり歩いていたら、突然、「ホケキョ、ケキョ」という若いウグイスの声を耳にした。二月の真ん中の日に聞く春告鳥の初音、今年はいつもより早い春の到来。何か嬉しい予感を胸に懐きながら、恵まれた主の日を思う。・・・ その後、寒い日がしばらく続くが、それでも、今日また同じ道を犬たちを連れて歩いたときに、再びウグイスの音を耳にした。同時にそこにかぐわしい春の香りが漂ったのである。ふと感じた。寒気をもとかす春の息吹に今、囲まれている現実を。「十字架の受難の厳しさ」のなかにあっても、「復活の春の香り」があることを。そして、希望の香りのなかに、生かされている自分・・・。 「染香人(ぜんこうにん)のその身には 香気(こうけ)あるがごとくなり これをすなわち名づけてぞ 香光荘厳(こうこうしょうごん)と申すなり」(浄土和讃より)と親鸞は詠う。真摯に念仏信仰に生きるものは、どのような厳しい状況の中に置かれても、み仏の智慧の光の内を歩める、と。キリスト信仰に生きる私たちも、「復活の春」を告げるものとして、「命から命へと至らせる」「キリストを知るという知識の香り」(コリントⅡ2:12-17参照)を担って歩めるのである。寒の戻りはあっても、確実に「御国の春」は近づいている。だから元気に、大いなる平安と希望のうちを雄々しく歩もうではないか。
[PR]
by aslan-simba | 2009-02-20 10:18 | Comments(0)

百花の魁

立春を迎えて早一週間、日差しの中に春の気配が感じられるようになった。ほころび始めた梅の花を見つめ、新島襄の「寒梅」の詩を口ずさむ。「庭上の一寒梅…自ずから占む百花の魁(さきがけ)」と…梅の花は冬の辛さに耐えながらも、一番に花をつけ、春を呼ぶ有難い花。私はこの花から忍耐と努力そして謙虚さを学ばされる。 聖書の国の「百花の魁」はアーモンドの木の花である。浅い春の日々、凍りつく寒さのなか、アーモンドは冬枯れの梢に薄紅色の花をつける。そこに内なる「いのち」の目覚めが示される。「『エレミヤよ、何が見えるか。』、わたしは答えた。『アーモンド(シャーケード)の枝が見えます。』主はわたしに言われた。『あなたの見るとおりだ。』わたしは、わたしの言葉を成し遂げようと見張っている(ショーケード)。」・・・ご存知の預言者エレミヤ召命物語(エレミヤ1:11-12)。 なお、アーモンドと旧約の関わりは古く、紀元前1700年頃の創世記の族長ヤコブの時代にまで遡る(創世記30:37,43:11参照)。出エジプトのモーセの兄アロンの杖はアーモンドの木だった(民数記17:23)。また、ユダヤ教の七枝の燭台(メノラー)はアーモンドの枝をかたどる(出エジプト25:33,37:19)。そしてエレミヤはアーモンドの花に神の働きを悟ったのである。 私たちも心の目を開き、御言葉がこの春、この身に成ろうとしていることを感謝をもって覚えたい。
[PR]
by aslan-simba | 2009-02-12 17:50 | Comments(0)

いのちの言葉

私は御言葉を取次ぐ者として、言葉との格闘を続けている。「神の言」のみならず、言葉というものには本来、力と重さがあるからだ。万葉の人々はそれを「言霊(ことだま)」と表現した。古代ギリシア人は「ロゴス」と称し、人間に知恵や能力を与えくれるものとした。それゆえ学問とは、言葉(ロゴス)の習得だった。また、言葉のそのような特性ゆえに、仏教は相手を思いやる「温かい言葉(愛語)」を<布施>のひとつとして称揚してきた。至言である。確かに私たちは、人の言葉で喜び、悲しみ、あるいは励まされ、傷つくのが現実である。 聖書は<いのちの言>を伝える(ヨハネ1章参照)。人を惑わすいい加減な言葉を許容しない。主イエスは言われる。「言っておくが、人は自分の話したつまらない言葉についてもすべて、裁きの日には責任を問われるのである」(マタイ12:36)と。なお、ここでの「つまらない」は、「怠惰」「無益」あるいは「無責任な」といった意味である。情報社会の今日、氾濫するこのような「つまらない言葉」に耳を貸し、振り回されてはならない。メディアの発信する言葉を鵜呑みしては決してならない。それと同時に、私たち自身、自らの言葉遣いも反省したいものだ。「言葉は心の足音」、「言葉は心の脈拍」と言われるように、「ことば」は「こころ」を映し出す。その言葉を本当に正すためにも、私たちを真に生かす<いのちの言>に真剣に耳を傾け続けよう(申命記32:47参照)。
[PR]
by aslan-simba | 2009-02-07 09:24 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28