新たな<いのち>の誕生

✪宣教要約
クリスマスの物語、行政命令で遠い旅に出ねばならない貧しい若い夫婦が登場する。そこに私たちの常識や想像を遥かに超えるような物語が展開されるのである。その夫婦は旅先で宿を得ることすら出来ないままに出産へ及んだ。どれほど心細かったことだろうか。 物語の舞台の中心は家畜たちの臭気漂う馬小屋・・・生まれたばかりの赤子が寝かされたのは飼い葉桶、さらにそこを訪れたのは夜番の羊飼いたちだった。彼らは何かに突き動かされるように勇んで駆けつけ、その「事実」と出会った。「救い主・神の御子」との出会い・・・彼らは何と大きな喜びを知っただろうか。 そのクリスマスを慕い、ある意味では物語の登場人物のように今の時代を生きる私たちの上にも、この予期せぬ出来事が起こった。私たちの心の中に「希望の光」が誕生したのだ。時代の波に翻弄されながらも、自らの根底は「神の無限の愛」に支えられていることを信じ、「希望の光」の誕生の事実をしっかりと心にとめたい。この希望の光は私たちに必ずやよき知らせをもたらしてくれるはずだ。感謝。

☆黙想
新たな命の誕生は、人々に命をいと惜しむ気持ちと希望の光を与える。暗い戦いの時代にそれは、なお一層輝く。戦時中、防空壕で出産したという話がある。壕の中での人々の協力と喜びがそこにあった。ベトナム戦争の折、ベトナム人すべてが敵だと思っていた米人兵士が、偶然にも民家で若い娘の出産に出会う。思わず差し出した彼の手に湯気の立つ赤子が落ちたとき、彼はベトナム人も同じ守るべき人間であることを悟った。 二千数年前のベツレヘムの片隅にも思いを馳せたい。宿さえ見つけることのできなかった若い貧しい夫婦の旅先での出産。しかし、その馬小屋は希望の光で満ち溢れていた。そこに駆けつけた夜番の羊飼いたちは生きる勇気を得、占星術を研究していた遠い異邦の学者たちをも、その光が引き寄せた。 神の御子・救い主の誕生は、今の時代の暗さのなかを生きる私たちの元にも、確かな光がある事を告げている。この光で心の内をいっぱいに充たしたい。「その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである」(ヨハネ1:6)。

★教会からのお知らせ
桃山栄光教会のクリスマス礼拝は23日(日)午前10:30~、キャンドル・サーヴィスは24日(月・休)午後7:00~です。礼拝後には祝会も行います。お時間が許せば、お気軽にお越しください。
[PR]
Commented by Emiri Nakajima at 2007-12-23 10:38 x
トップのワンちゃんがかわいくて思わずお気に入りに登録してしまいました・・・☆
初めて書き込みします。 
23日のクリスマス礼拝楽しみにしていたのですが、、今流行りの風邪をひいてしまったようで、行けそうにないので書き込みしました。

人の誕生はすばらしいものです・・・つくづく、自分が生かされている事のありがさたを感じます。 世の中の忙しい空気に乗り、こうして過ごしていると、そんなことも忘れただなんとなく毎日が過ぎていってしまうように思います。   そんなとき、先生の授業を受けたり、礼拝に行ったりすることで改めて大切なことを考えることが出来ます。 ありがたいことです。☆

今日の礼拝のこと、また授業で聞かせてください☆
Commented by aslan-simba at 2007-12-23 22:27 x
Emiriさん
わざわざコメント下さり、本当に嬉しく思います。どうぞ、ご自愛くださいますように。クリスマスの平安と祝福が本ブログをお読みの皆様の上に豊かにありますように。お祈り致しております。 管理人=牧師
by aslan-simba | 2007-12-22 16:27 | Comments(2)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31