今こそ出発点

「人生とは毎日が訓練の場である わたくし自身の訓練の場である 失敗のできる訓練の場である 生きているを喜ぶ訓練の場である 今の幸せを喜ぶことなく いつどこで幸せになれるか この喜びをもとに全力で進めよう わたくし自身の将来は 今この瞬間ここにある  今ここで頑張らずに いつ頑張るのか」(「今こそ出発点」)。  大徳寺の大仙院住職、尾関宗園氏の言葉。お会いしたことはないが、元気な和尚さんと伺う。この言葉から気づきと励ましを得た人は多い。独学で弁護士となった大平光代さんも、この「今こそ出発点」を大切にする。辛い過去の中、この言葉を知ることによって、勇気づけられ、立ち直れたという(『だから、あなたも生き抜いて』参照)。 私は、「頑張る」とは、「本気になる」ことだと思う。本気になれば、心の向きが変わる。目の前にある課題や問題、自分のなすべき事柄に真正面から向き合うことができる。そこから、希望の未来が必ずや切り拓かれてゆくのである。 「今こそ出発点」・・・思えば、「人生の訓練の日々」も、私たちは主に在って赦され、御恵みに捉えられ、支えられている。本当に有難く感謝にたえない。この御恩寵に応えるべく何事に対しても本気で、かつ喜びをもって取り組んでゆきたい。さらなる導きと、聖霊の豊かな注ぎに与っていることを覚えながら。
[PR]
Commented by nao at 2007-06-19 09:49 x
某東海地方より初めて書き込みさせていただきます。誰だかわかるかたがいらっしゃることを願いつつ‥大変大変御無沙汰しております。
最近、環境や心境の変化があり、丁度その頃に見計らった様にこのブログが始まりました。長い間離れている私をまた引き戻して下さったと、つくづく感謝しております。
『失敗できる訓練の場』 厳しい言葉ですね。
嫌なことが過ぎるのを耐えるのではなく、日々、出発点ということでしょうか。
生かされていること、神様の御恵みに心から感謝です。

Commented by aslan-simba at 2007-06-19 19:17 x
コメントを本当にありがとうございました。こちらこそご無沙汰致しております。懐かしい思いをもって、考えながら読ませて頂きました。感謝。
京都伏見また宇治の地において、日々、覚えてお祈り申し上げております。
牧師より
by aslan-simba | 2007-06-07 21:36 | Comments(2)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31