主よ、ともに宿りませ

冬の到来、日の短さに寂しささえ感じます。ふと、こんな讃美歌が口をつきました。「日暮れて 四方(よも)は暗く 我が霊(たま)は いと寂し 寄る辺(べ)なき 身の頼る 主よ、ともに宿りませ」・・・(讃美歌39番、1節)。この原曲(Abide with me)の作詞者は、ヘンリー・ライトという英国教会の司祭です。19世紀前半、彼はイングランド西北のブリックハムという漁村の小さな教会に牧師として仕えました。ただ生来病気がちの人で、喘息と気管支炎には終始苦しんだそうです。二十数年の働きの後に、彼は転地療養のため、その漁村を離れることになりました。最後の説教は、はうようにして説教壇をのぼったといいます。この讃美歌はその直後に書き上げられました。それから三週間ほど後、療養先のフランスのニースで、彼は54年の生涯を閉じます。亡くなる直前に、天を指さし、「平安(peace)」、「喜び(joy)」と静かにささやいて召されて行ったとのことです。命日は11月20日。季節感としたら、ちょうど今頃の感覚でしょうか。 「人生(いのち)の 暮れ近づき 世の色香 移り行く とこしえに 変わらざる 主よ、ともに宿りませ」(2節)。いみじくも今日、こんな光景を目にしました。先週、鮮やかな紅(くれない)と黄金色の燃えるように美しい色を呈していたキャンパスの坂道の木々・・・それが、茶色く変色し、静かな音を立てて葉を落としている。来週にはみんな散っているかも知れません。まさに諸行無常・・・。しかし、その時に私たちは新たな教会暦に入るのです。アドヴェント、そしてクリスマス、新たな命の希望を待つ季節の訪れです。本来なら散り果てて行くしかない者に、永遠の命が与えられたことがそこに示されます。だから、私たちは如何なる時も「平安」と「喜び」をもって歩んで行けるのです。 讃美歌39番、原詩の最後はこうなっていました。「生きる時も、死ぬ時も、主よ、常に私と共に在って下さい」(in    life, in death, O Lord, abide with me.)と。感謝


☆11月25日説教「計らい」要約:
「信仰によって、モーセは生まれてから三か月間、両親によって隠されました。・・・」(ヘブライ人への手紙11:23)
モーセが生を受けたのは、ヘブライ人がエジプトで奴隷の地位へとおとしめられた苦難の時代でした。しかし、悲しみと嘆きに満ちたその「最悪の時」こそが、実はモーセが未来に備えるために、神が選ばれた「最善の時」だったのです。悪をも善に変えて下さる神さまの大きな「計らい」が絶えずある・・・私たちもそれを覚え、如何なる時も「信仰によって」未来を見つめて歩んで行きましょう。
[PR]
by aslan-simba | 2012-11-22 21:25 | Comments(0)

〒612-8006 京都市伏見区桃山町大島86-29             京阪桃山南口より徒歩8分 ほっこりした教会、牧師の飼い犬です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30